スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわり

ワンコ物の映画は、途中で耐えきれなくなりそうで、避けていましたが、
  この話は、前から知っていたし、ハッピーエンドなので、勇気をもって観に行きました。

スライド1

「犬とあなたは、赤い糸でつながってる」
うんうん、君たちと、おとやん、おかやんは、赤い糸でつながっていたんだよね。

スライド2

ああ、まあ、きゃらは、だれを見ても、赤い糸でつながってると思うタイプかも。

スライド3

ああ、まあ、ゾフィはきゃらが好きで、我が家に来たのかもね。

宮崎県の保健所で起きた実話です。
  本当のひまわりと、保健所職員さんの話は、「奇跡の母子犬」でみられます。
「奇跡の母子犬」
(真ん中あたりにある揺れるひまわりの、スタートをクリックしてください)
ひまわりが、保健所にいる間に、お乳をあげていた、他の子犬も出てきますよ~

『みやざき動物の命を守る会」の方が、写真を撮り、ブログを作り、この話を広めたようです。
保護後、1週間で処分されていた子たちは、今では「ひまわりの家」で、譲渡を待つことが出来るようになりました。

こういう事って、無力感でいっぱいになりそうだけど、
  時としてこういう奇跡も起こせるんですね。
ちなみに「奇跡」は、ひまわりが助かったことではなく、
  ひまわりが、職員さんをの間に信頼関係を築けたことを指しているんだと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。