スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら大吉くん

ゾフィでしゅ。
2012年10月2日。
この日はぼくの犬生で、一番、悲しい日になりました。

スライド1


ぼくの親友、大吉くんが、虹の橋を渡ったのでしゅ。

大吉くんは、2007年9月に大顔連Jr.になり、
2008年1月には、きゃらくんと一緒にジュニアから正式な大顔連になったのでしゅ。

それと同時に、きゃらくんが北海道支部長、大吉くんが北海道副支部長として、
北海道のフレブル界を支えてきたわけでしゅ。

ぼくたちが、始めて会ったのは、2007年11月
そのあまりにもフレンドリーな性格と、いつ果てるとも知らないバイタリティに驚き、
そして、始めて会った瞬間、ぼくと大吉くんは親友になったのでした。


夏彦総裁を訪ね、畑で泥だらけになったり。

ランで三角関係になったり。

宮城支部長、東京副支部長と一緒にムースキャビンを訪ねた時には、また元気で近々、みんなで会えるって、信じてたでしゅ。

2011年には震災があり、3カ月前には百太郎東京副支部長が突然死。
そして大吉くん・・・

「調子が悪いから大学病院に行く」と大吉家から連絡があり、9月25日に入院。
おとやんと、おかやんは、仕事を休み、ぼくたちを連れて、28日、大吉家に行ったのでしゅ。
具合が悪いので、ぼくたちは会えなかったけど、大吉くんの声が聞こえて、ぼくには、大吉くんがいるのが分かったでしゅ。
その後、砂川のランに連れて行ってもらったけど、
  ここは、いつも大吉くんと遊んでいるところ。
大吉くんが来るのかと思って、ぼく、待ってたでしゅ。

スライド4


おとやんと、おかやんが行った日には元気だったけど、翌日からまた具合が悪くなり。
週末、大吉家のご主人と奥様は、気が気ではないままに過ごし、
  1日(月)にまた大学病院へ。
点滴をし、検査をし、1日中、病院にいて、ようやく夜、家に帰れたのに。
今朝、息を引き取ったと連絡が。
  家族に見守られ、なでられながら。  

砂川のランで去年のGWに遊んだのが、最後になったでしゅ。

スライド2

大吉くんは、いつも陽気で、ちょっとクールで気難しいぼくの気分を盛り上げてくれたでしゅ。

スライド3

大吉くんといると、ぼくも陽気でファンキーなフレブルになれたでしゅ。
  大吉くん、もっともっと一緒に思い出、作りたかったでしゅ。

これからも、お友だちはたくさん出来ると思う。
  でも、親友は大吉くんだけでしゅ。
大吉くんは、永遠に、ぼくの親友でしゅ。

後、少しで6才だったのに。
  早すぎでしゅ。
まだまだ信じられないし、受け入れられない。
  なんでかなー。

肥満細胞腫が、内臓に出来て。
  予後は不良とは覚悟してたけど、それにしても早かった。
ファンキーな性格だったけど、本当は優しくてデリケートだったから、
  ご主人と奥様に心労をかけないようにと思ったのかな。

スライド5

百太郎くんとは、会えたかな。
     


スポンサーサイト

コメント

ありがとう 大吉君

((+_+)) あまりの突然の知らせで 驚いております
大吉君の様態が、良くないと聞いたばかりなのに・・・

我が家の、ウブとパメも、砂川ランで何度か、大吉君に遊んでもらって・・・
ゾフィ君の事が、大好きで、大好きでたまらなく ヘイへ~イと、走り回ってた、大吉君の姿は、忘れません(*_*;
ありがとう♪ 大吉君

本来ならば((+_+)) 大吉君ブログの方に お礼メッセしたい所ですが、 キャラママブログの方で ((+_+))失礼ですが コメしました

今頃、あちらで、沢山のブヒと、走り回ってるんだろうね

No title

きゃら殿、ゾフィ殿の大吉くんを想う様子を見てたら
あたいも胸がぎゅうっとなっただス。
ゾフィ殿と遊ぶ大吉くん、すっごく楽しそうだス。
お空でも元気にかけっこしてるといいだスね。
離れていてもみんな友達だス。

No title

この度は、たくさんのお心遣いをいただき、本当にありがとうございました。
最期にゾフィくんに会わせてあげられなかったのが悔やまれます。
私たちは、しばらく立ち直ることができません。
甘えてしまうことがあるかもしれませんが、許してください。

No title

あまりにも突然でビックリしました。。
ご家族のお気持ちを思うと言葉が見つかりません。
きゃらゾフィ家との深いつながり、心頼りとなるごとでしょうね。
ご冥福をお祈りいたします。

No title

今年は悲しいお別れが多いのだ。
余りに早いお別れに、今もまだ涙が止まらないけど、
大吉くんは、虹の橋を渡って、
百ちゃんやアンジーさんやみんなと仲良く遊び回ってるよね。

miさん

パイド軍団で、砂川ランをブヒブヒ言わせましたよね。

ランを、たくさんのパイドで駆け回りましたっけ。

ゾフィは、大吉くんと会うと、テンションがマックスになるのです。
噛んだり、引っ張ったり、乗っかったりしてますが、
笑顔いっぱいなので、安心して放っておきます。

大吉くんは、だれとでも仲良しになるので、
今ごろは、たくさん、リードなしで、走り回ってますね。

だれにでもいつか来る別れだけど、あまりにも早くて・・・
悲しすぎます。

櫻ちゃん

大吉くんとの出会いは、いつも楽しかったよ。
とにかく、性格が明るくて、フレンドリーだったからね。

陵くんも、アンジーさんも、百太郎くんもいて、
天国支部ばかりが混んじゃうね。

これからは、櫻ちゃんと、きゃらで、しっかり北海道支部を守っていこうね。

大吉とおちゃん

病気だと聞いて1週間。
早すぎでした。

昨日、仕事が終わってメールを見て知り、
泣きながら運転して帰りました。
帰宅してからも、泣いている私の横に、きゃらとゾフィがずっといてくれました。
いつも、おとやんと、寝室で寝ているのに。
今も、横に二人ともいます。
寝室に連れて行っても、戻ってくるのです。

一緒に、大吉くんの死を悲しんでくれているみたいです。

大吉くんは、ずっと一緒に歩んできた子で、
これからも、ずっと一緒に歩んでいけると思ってました。
すごくかわいくて、大好きでした。

何も出来ないけれど、甘えてください。
大歓迎です。

かおりさん

ももちゃんとも、ランで走りましたよね。

引きちぎられるようなお別れ。
大吉くんも、とおちゃん、かあちゃんも、かわいそうで。
悲しみ過ぎてもいけないのかなと思いつつ、今は悲しすぎます。

フーバー丼。

本当に、なんて年だろうね。

知っている子が、今年はこれで4ブヒ目。

ランに連れて行っても、ゾフィが楽しそうじゃないの。
遠い目で、ずっと大吉くんを待ってる。
もう砂川ランには連れて行けないなと思って。

フーバー丼。も、長生きするんだよ。
これ以上、悲しいことは、もう嫌だから。

No title

私もメール見て 涙が止まりませんでした
うちのブヒたちも
きゃらくんとゾフィくんみたいに
ずっと私のそばにいてくれてます
私が泣いてるなんて 変だもんね

昨日 ぶーたんのところに大吉くんが来てくれました
私には見えないけど
上の方を見上げながら
ぶーたんが「ほ〜〜〜」って鳴いてました
今まで聞いたことのない鳴き方
あれは 絶対大吉くんが来ていたに違いありません

ぶーたんママさん

そっかー。
大吉くん、来てくれたんですね。
それを聞いて、なんだかすごく嬉しいです。

きっと、うちにも来てくれたね。
そして、きゃらとゾフィは、お別れが出来たね。

うちはお留守番が長いから、飼い主たちは分からなかったけど。
あれから、きゃらとゾフィが、一層、いとおしいです。
限りある時間だから、幸せにしてあげたいと、一層、思うようになりました。

No title

お友だちが虹の橋をわたってしまうのは寂しく、哀しいことですね・・・
まだ6歳だったのに・・・
大吉君のご冥福を心からお祈りいたします・・・

パオママさん

最初は、実感が湧かなかったのですが、だんだん、返って悲しくなってきています。

パオちゃんが手術したのを知った時、ママさんの決心や心痛を思ったものです。
でも、今になると手術出来たのは幸せなことだったんだなと思いました。

今はただ、きゃらとゾフィに後悔の無いよう、幸せな生活と楽しい思いでをたくさん作ってあげようと思っています。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。