スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川下り(前半)

おとやんと、おかやんはラフティング好きである。
  ニセコはもちろん、オーストラリア、ニュージーランド、数々のワイルドなラフティングをこなしてきた。
でも、きゃら&ゾフィは、初心者だから、ゆっくり流れる川下りにしようね。

というわけで、今回は遊河のワンコOK川下りに、挑戦。

ここでピックアップしてもらう。
   リュウくんとも待ち合わせ。

スライド1

ニセコ駅周辺は、かぼちゃだらけ。
   きゃら、それは観賞用だよぉ。
スライド2

だから、よだれ垂らしても無駄だって。

スライド3

あ、リュウくん一家が来たよ。
スライド4

リュウくんには、かぼちゃより、花が似合うね。
   リュウくんは、ショードッグ。
      ゾフィと遊んで、怪我でもさせたらと、ハラハラしちゃう。
スライド5

泳ぎが苦手なはずのフレブルたちと、泳ぎの名手ゴールデンリトリバー。
   あ、でもリュウくん、泳ぎ初体験なの。
     みんなちゃんとライジェケもつけたよ(ワンコは自前です)。
スライド6

はいはい、ゾフィはリョウくんと一緒なら、どこでも嬉しいのね。
スライド7

なんだかんだで、仲良し3ワンコ。
   ライジャケも赤・青・黄色と、信号機色。
スライド8
嫌な予感・・・
   こういう水物乗り物に乗ると、きゃらの悪い癖が出るのでは。
スライド9
ああ、やっぱり。
  でも今までは、飛び込めなかったけど、ここは飛び込んでもOKなんだよ、きゃら。
スライド10
というわけで、落としてみたら・・・
スライド11
なんでやねん
   それからも、結局、ずっとボートのヘリにいた。
スライド12
リュウくん、先頭は嫌だったらしい。
   でもパパやママに抱きつくのは止めた方がいいと思う。35キロだし。
スライド13
ゾフィは表情以外、ほとんど変わらず。
        ほほえんだり、びっくりしたり。
スライド14
これから中州に着いて水遊び。
   それから後半へと向うのである。

スライド15

遊河では、防水コンデジを1台、貸してくれる。
  その他に岸からデジイチで撮ってくれる。
最後に2台の写真を合わせてCDに入れて各家族に渡してくれた。
  川下りの写真は、CDから抜いてます。






スポンサーサイト

コメント

なんとも楽しそうな夏休みですね。
リュウ君の毛(髪?)が風になびいて涼やかだこと。
私、大きい犬も好きなんです。
昔々のその昔、ラブラドールを飼ってました。

ブヒズがボートの縁にしっかりつかまっている
様子は小さい子供のようで可愛い限りです。

この川下り♪したいんです~
きゃらゾフィくん、乗り物大好きですもんね♪
リュウくんも楽しそうだけど、ちょっと
顔こわばってるかも(爆)
穏やかすぎの川下りと想像していましたが、
結構波もあって、ますます乗りたくなりました☆

ぷー子さん

ブヒズが両手でつかまっている姿はスタッフさんにもウケてました。
普通のワンコは、飼い主さんにすがりついているか、水の飛び込みたがるかなんでしょうね。

リュウくん、気品がありますよね。
ブヒとはまた違った魅力がありました。

かおりさん

一艘貸切なので、人数が多い方が安くすみます。
最初、我が家だけで乗るつもりだったんですが、リュウ家も行きたいとのことで、ご一緒して、安くなりました。ラッキ~

いわゆるラフティングに比べればおだやかですが、そこそこ波はあるし、ワンコと一緒だというだけでスリリングなので、楽しめました。
なんか、ゾフィが一番、楽しかったみたいですけどね。

同感です、フレブルって味がありますね。
一昨日メールを返信しましたが、
届いていますか。

ぷー子さん

普通のワンコ飼いの人からしたら、
どうしてこんなぶちゃいくな犬を?
と思うんでしょうけど、一度飼うと、止められない魅力がありますよね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。