スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレブルの目の怪我

ゾフィ、ちゃんと説明した方がいいでゴンスよ。
スライド1

でも、立て続けなんで、恥ずかしいんでしゅ。
スライド2

スライド3

ぼくは焼肉しか見てないからよく分からないでゴンスよ。

みんなが集合したのは11:00
そこからボン家に移動したのが12:00過ぎ。
事件は宴もたけなわの2:00に起きたのでゴンス。

<ここからは画像、ありません>
飼い主たちは、飲み食べに夢中。
ブヒのことなど、忘れてた。
突然、ガウガウッという声が!

おかやんが見た時には、フレブルたちがダンゴ状になってガウっていたでゴンス。
その中にゾフィが!
その中にだれがいたのか記憶はないけど、えびちゃんを3回ぐらい振り払ったというのが、唯一の記憶だそうでゴンス。
ある人のブログによれば、全てをよけた後に残ったのは、ボス家のお嬢様だったとも・・・
(いや、彼女が争いに関与していたという意味ではない)
一番、リアルに伝えているのは、パピパピ勘太くんのブログのようでゴンス。
関連記事はこちら⇒パピパピ勘太

銘々、自分のブヒの点検。
ゾフィに血がついている。
でもゾフィの血ではなさそう。
どうやらえびちゃんの口元の怪我のせい?

大したことはなさそうだ・・・
いや、まて、なんかゾフィの目が変だ。
うっすら血がにじんで、目が充血している。
右目、白い方の目である。

最悪の事態がおかやんの頭をかすめる。
「病院に行きます」
リョウさん「伊達にもあるけど」
「札幌のいつもの病院に」

そこから、全ての荷物をそのままに、ぼくたちだけを載せて、車内に。
おかやんは、いつもの○山動物病院に電話した。
ここの診察時間は3時までだ。
「ゾフィがまた怪我しちゃいました。今度は目です。
3時半には着けると思うので、待っていてもらえますか」
足の怪我の時にも、同じだったんでゴンス。

高速に乗る。
「間に合わないぞ」とおとやん。
「北○動物病院に電話して、診療時間を聞いて!」とおかやん。
ところが電話番号はおかやんの携帯の中。
ちなみに運転手はシラフのおかやんでゴンス。
おとやんには、携帯の使い方が分からない。
まだるっこしい時間が過ぎ、しかし何とか電話がつながった。
「診察時間、4時から7時だって。ちょうどいい」とおとやん。
<そこで、電話を切るな~!!!>とおかやんは思ったが、何も言わなかった。
もう一度、○山動物病院に電話し、事情を話して、受診しないことを告げた。
院長先生は「目の怪我は恐いから、明日にでも、朝早くに来てください。
眼科の専門医を紹介します」と言ってくれた。

高速を降りたところで、おかやんが北○動物病院に再度、電話。
「ゾフィなんですけど、フレブル同士のケンカで目を怪我しました。
4時に着けると思うんですが、出先なので、診察券を持っていません。
カルテを出しておいてもらえますか」
4時ちょうどに病院到着。

病院では、カルテを用意して、順番を変えて、すぐに見てくれた。

目を染色し、傷を見る。
結果。
角膜には傷はついていない。
目の周囲に二箇所、傷。
爪によるものか、歯によるものかは不明。
スライド4


抗生剤入りの注射を射ち、
抗生剤と消炎剤の錠剤と、抗生剤入りの軟膏を渡された。

ゾフィは偉かったでゴンス。
目をこすったりもしないので、カラーもしないですんだでゴンス。

翌朝、○山動物病院に行く。
院長先生は診察してくれて、北○病院の先生と同じ診断。
「良かったねぇ。フレブルは目の怪我、多くて、眼球に歯が入っちゃって失明する子を見てるから、どうかなと思ったんだ」とのこと。
目も充血しているが、これは自然に治癒するとのこと。
通常、目の充血にはステロイド入り目薬を出すが、周囲の怪我があると、禁忌だとか。
そのため自然治癒を待つのだそうだ。

さて、今日、25日(金)。
再び北○動物病院へ。
かなり経過は良く、傷にも肉が盛り上がってきているので、飲み薬は終了。
軟膏の目薬だけを、後1週間続けるようにとの指示。

この軟膏を目の中に入れると、こんな感じ。
スライド1

視界が悪くなるし、うれしくはないみたいでゴンス。
文句あっか・・・でしゅ。
スライド2


足の方も大分、良くなったし、ゾフィ、みんなにこれ以上、心配かけちゃいけないでゴンス。
スライド3


みんなが楽しんでいるとことに水を差し、
おかやんは、反省をしているようでゴンスが、
ゾフィはあまり反省の色がうかがえないでゴンス。
今回は良かったけど、このままだといつ、取り返しのつかない怪我になるか、分からないでゴンスよ。
ぼくとしては、ゾフィにも反省してほしいでゴンス。

怪我でひやっとしたことのある子はクリック
バナー1







スポンサーサイト

コメント

No title

写真届きました~ありがとうございます♪
心配してたゾフィ君、まずはホッとしました。
私も夢中で、とりあえず真ん中にいたえびすちゃんを引っ張り上げたんですが
一体何があったんやら???でしたね
きゃらゾフィの会話、本当に相談してるみたい(笑)

No title

この一週間、自分の浅はかさに反省の毎日でしたが、改めて記事をよませて頂いて
ノーリード、しかもバトルに気がつきもしなかった
自分が腹立たしく思いました。
経験不足のせいか、気の緩みから、何を思ったか、ノーリードにしてしまい、後悔ばかりです。
不幸中の幸いで、大事に至らなかったものの、最悪の状態であれば、たくさんの人を傷つけることになりかねませんでした。心から、お詫びいたします。いつか、お会いできたときには、改めて、心からお詫びいたします。楽しみにしていたパーティも、途中で帰らなければならなくなったり、本当に今回は申し訳ありませんでした。。ゾフィくんの回復を心からお祈りします。

No title

写真届いてます ありがとうございます!
ケガ大事にいたらなくて本当によかったです。
私の中でえびすは喧嘩しないという過信があって
それが原因でご迷惑をかけてしまいました。
みんなが楽しく過ごせるように注意を払わなくちゃいけない事を痛感しました。
ゾフィくん本当にごめんね 早く元気になってね。

No title

☆ヘブ母さん
やはり、えびちゃんを引っ張り出しましたか。v-411
何度、引っ張り出しても、飛びこんでいってましたよね。元気な子です。お兄ちゃんを助けようとしてたかな?

☆えびママさん
えびちゃんと、ボンくんは、騒ぎが起きたので、参入してみたって感じで、ケンカしてたのかどうかは不明です。
飛び込む子っていますからね。
でも巻き込まれて怪我をする場合も(今回も)あるので、今回はえびちゃんも大事に至らなくて良かったです。

No title

☆まっくさん
そうかぁ、ノーリードだったんですね。
一応、全ブヒの位置を確認して、コスケくんのいる位置もチェックして、ゾフィを遠ざけてつないだつもりだったんです。
だから、勘太くんのブログを見て、「なんでここにいるの?」と思ったんですが。
ワンコ同士のケンカは、だれが悪いとか、誰のせいとかいうことではないのではないかと基本的には思っています。コスケくんも、他の子とは楽しそうなのに、ゾフィの方もガウってましたから。
最近、ゾフィは怪我が多く、ゾフィの問題と、飼い主の私の責任を感じています。同じところにいても、きゃらはそんなことはないので。
それに勘太くんのブログ見ると、ゾフィが襲ってますよね。
2才ぐらいから男の子は難しくなるとか。ワンコと共に飼い主も成長していこうと思っています。

No title

はじめまして。
記事のタイトルに目がとまり拝見させていただきました。ゾフィーちゃんお大事にしてください。うちの空(フレブル2歳3ケ月)も普段はとても穏やかですが2歳になってから特に大きなわんちゃん、自分が好きでないわんちゃんに闘争心が芽生えるのかガゥガゥです。週末はドッグランへ遊びに行ってましたがここ何回か私自身恐怖を感じることがあり行かなくなりました。ドッグランは大小皆ノーリードですからね、うまく遊べる子は良いですけど。ここ最近のまったり公園お散歩が空にはあっているようです。

No title

☆空さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ゾフィは、ワンコも人も大好きな子で、どんな相手とも楽しく遊べる子だと思っていました。
でも、この数ヶ月、ちょっと違うのかなと。
どうやら大きめフレブルに挑むようです。男の子になってきたということなんでしょうね。
うちもしばらくはラン、お休みです。様子みながら貸切ランなども考えようかなと思っています。

No title

ミクシィで話ていた事件はこのことなんですね。
本当、綺麗に直りそうで良かったですね。
ビスが来る前に飼ってた、キャバリア(ふれあいの子)は、ケンカしたのか目に傷があってポコッと傷の部分が飛び出ていました。
そうならずにすんだのも、ママさんの早い行動だったからですね。
女の子をめぐってケンカになっちゃったんでしょうか??
男の子はケンカすること多々あるので、気を落とさずに・・・無事でなによりです。

えー!

ゾフィ君、大変だったんですね。
今朝なんかのーてんきなコメントしてしまってごめんなさいi-201
でも、大事にいたらなくて本当によかったですね。
↑空さんと全く同じで、文太も2歳頃から
突然喧嘩ごしになるようになりました。
まぁ、去勢もしてないのでしょうがないのですが、
やっぱりみんなそのころオトコの意地に目覚めるんでしょうか。
お大事に。。。

No title

写真届きました。ありがとうございます☆

ゾフィくん、まずはホッとしました~。チラッと姿を見たときは遠巻きにも目元が真っ赤に見えた
ので、経過報告をドキドキしながら待っていたんです。。あとはキレイなお顔(足も?)に戻るの
を待つばかりですね!
それにしてもきゃらくんとゾフィくん、本当に仲睦まじいこと・・まるでおしどり夫婦のようですね(笑)

No title

わ~~、大変でしたね~
でも、ママさんの敏速な行動で大事に至らなくてよかったです!
ゾフィくん お大事に。

No title

15日のメールで、傷あまり目立たないとおっしゃってましたが、かなり痛々しいですね。
パンチの入っていない方ですから、綺麗に治りますように・・・・。
足の傷は、だいぶ良くなりましたね。
お大事にしてください。



No title

☆あたんさん
大事にいたらなかったのは、ただ運が良かったんだと思います。
ケンカは理由があるわけではなく、最初のあいさつのところから「気にいらねぇ~」になっちゃうんですよね。ここさえうまくいけば、問題ないんですけど。

☆おかあはん
おかあはんに励まされて、またブログ書く気になりました。
去勢してケンカしなくなるなら、思い切ってするんですけど、どうも周りを見てみても、期待出来なくて。なんか、甘えっこの方がケンカするような気がするんですが、気のせいですかね。

☆じゅうママさん
我が家的には、ゾフィのきれいな顔が自慢なので(単なる親バカ)、きれいになってほしいなと思っています。そもそも傷は中の方なので、大丈夫なんですけどね。
二匹で本気のケンカになったことは一度もないですね。もちろん、怪我をしたことも。ありがたいです。

☆ぶーたんママさん
今回は運が良くて、助かりました。
幸運は続きはしないので、今度こそ気をつけようと思っています。

No title

☆くるみみるくのママさん
心配かけて、すみませんでした。
目立つ方なので、怪我も分かりやすかったのかもしれません。
今日、獣医さんに行ったら、「興奮も収まって、赤みも取れましたね」と言われました。顔全体が赤かったんですね。
・・・あ、今、おとやんが、きゃらに柿の種をやった!!!

No title

今回は、本当に大事に至らなくて良かったです。
私も、ああいう状況で怪我をしてしまったら、誰が悪いとか言えないんじゃないかと思います。
勘太も、あの時かたまりにいたはず。。。
今回の事は本当に勉強になりました。 たくさんワンコがいたら、勘太を守ってあげられるのは私だけなので、状況を判断して管理しないとな~と。。。

ゾフィ君の怪我、早く治りますように。。


No title

☆勘太ママさん
あ、やっぱり勘太くんもいましたか。
なんとなく見たような気がしてましたが。
あの状況では、目に傷をつけたのはだれかなんて、全く分かりません。もみ合っていて、たまたま入ったということでしょう。
とにかく、自分の子から目を離してはいけませんね。まさしく、我が子を守れるのは、自分だけですから。

No title

はじめまして!コメントありがとうございました。
目の周りに傷があったらステロイド剤はだめなんですね~。自分の無知にゾッとします。
コメントの返信にも書いたんですが、ぐりこは、タリビッドとヒアレインをいう目薬を処方してもらいましたが、暴れまくって2つで3滴ほどしかさせてません(泣)
病院でも大暴れで唸る噛み付こうとする全身で拒否。先生もあきれてます。
お互い早く治ることを祈るばかりですね。

目薬も検査も良い子なゾフィくんのつめの垢をください!

No title

☆ぐりこ&yhukoさん
うちは、以前、きゃらの方が医原性の肝臓障害になったことがあり、薬は説明を求めることにしてるんです。
お使いの薬はどちらもステロイドではないようですよ。
うちは2ブヒいますが、どちらも病院ではおとなしく、ゾフィも先生に「こんなにおっとりしているのに、ケンカするんですねぇ」と言われました。実際には全然、おっとりしてないんですけど。
ただ、人間にされることには、どんなに嫌でも身もだえしながら我慢する子です。これにはとても助かっています。
お互い、早く治るといいですね。

No title

あちゃちゃ・・・。
うちもあっかんべーってしたときに見える赤いとこに爪が刺さって目が血だらけで危機一髪だったことがあります。
アニキもそうですが、本人の性格はさて置き、ゾフィも格付け争いで挑まれちゃうタイプなのかも。
不本意なトラブルは犬の心も傷つくので、混雑していそうなランには行かないとか、お友達と一緒でもリードで制限とか、飼い主側で工夫しなくちゃですね。
目は怖いから不幸中の幸い。
足も一緒に早く良くなれ、ゾフィ!!

No title

☆momomamaさん
兄貴も目を怪我したこと、あるんですね。
兄貴も大きいから、故ない攻撃を受けやすいみたいですね。うちは、きゃらがそのタイプです。
ゾフィはやっぱり、本人が虚勢を張るところがあるみたい。
それはともかく、momomamaさんのいうとおり、最近は、うちも混雑したランは避けるようになりました。今回はみんながリードにつながれているから大丈夫と思ったのが失敗。いつのまにか、ノーリードになっていたのに気づかなかったんです。
飼い主の認識不足でした。反省です。

No title

んまぁ!!ゾフィくん怪我しちゃったんですね。
大事にいたらなくて良かったですね。
仲間と遊んでいるうちについつい興奮して本気モードになっちゃうんでしょうか!?
2歳くらいから男の子は難しくなるというコメントを読んで。。。ウーも最近、自分の気に合わないワンコがいると向こうは何もしてこなくても自分からワンワン向かっていくようになったみたいなんです。
ちょうど今は2歳半・・・男に目覚める微妙な年齢なんでしょうかねぇ・・・

No title

☆梅の妻さん
広いところだと、気にいらなければスルーするんですけど、狭いと、テリトリーの問題もあるのかもしれませんね。
きゃらも、最近はうなることがあるので要注意です。(ケンカにはなりませんが)

読みながらハラハラしちゃいました。ゾフィくん痛い思いしちゃったけど飲み薬が終わったと読んで安心しました。うちはメロ怖いもの知らずなのできおつけなきゃなと改めて思いました。ゾフィくんおだいじにね。

No title

☆メロmamさん
男の子は成長してくると難しいことがいろいろあるようです。
思春期の男の子が扱いにくいのと一緒?
フレブルは取り返しのつかない怪我をすることが多いんだそうです。要注意です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。