スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○記念日

おとやんと、おかやんは、○周年の○○記念日だとか。
  (なんで伏せ字だらけ?)

どう過ごそうかと、話しあったけど、
  結局、いつもどおり、ぼくたちを連れてお泊まりに。

そして、いつもどおりのドタバタ。

おとやん・・・

スライド1

ちょっと、どくでゴンス。

スライド2

へ!?
  きゃら、そっちに行きたいのかい?
そりゃ無理だろう。
   きみは、おっきなワンコなんだから。

スライド3

ほら、やっぱり困ってる。

スライド4

しょうがないなぁ。
「おとやん、すまんでゴンス」

スライド5

満足したらしい。

スライド6

今度は、どうしたんだい?

スライド7

ほら、崩れちゃったじゃないか。
「おとやん、助けてほしいでゴンス」  なにを?

スライド8

あ、ゾフィが助けに・・・じゃなくて。

スライド9

やめろ!  なにしてんだ!

スライド10

ほら、もう帰るぞ。

    「ぼくたち、荷物用カートの上?」

しょうがないだろう。これが楽なんだから。

スライド11

旅館の前で記念撮影。
  
スライド12

もうすぐキミたちは6才。
  そろそろ、おとやんとおかやんの、年を超える。
みんなそろって中年一家だね。

スポンサーサイト

角膜潰瘍

きゃら、寝ている場合じゃないから。

スライド1

そんな「いやいや」してないで。

スライド2

目薬、ささなきゃ、だめでしょ。

スライド3

結局、笹やぶで、目を怪我してしまっていたらしい。
  しょぼしょぼしてるので、獣医さんへ。
染色した結果、角膜に傷がついているとのこと。

スライド4

血清点眼を2時間おき。
  飲み薬2種類を日に二回。

2時間おきの点眼は無理なので、在宅時にⅠ時間おきにするように言われた。

「1週間ぐらいで治ります」と言われたが、
   治らずに、大変なことになった子たちのブログも見ていたので、どきどき。
でも、無事に1週間で治りました。

きゃらは、母方の家系に白内障も多いので、
   よく見てもらいましたが、
「全然、大丈夫だよ」と太鼓判を押され、こちらも一安心。

若年性白内障は、フレブルには少ないとか。
一方、フレブルはきちんと目が閉じないため、角膜に傷がついた時、
  再生されない子がけっこう多いのだとか。
普段から、強制まばたきさせた方がいいそうです。

コスプレ?

真駒内公園から、一旦、家に帰って・・・
  サンタのコスプレ?
毎年、この衣装でインディアンに来ることになってるけど。

スライド1

雪もないのにね。

スライド2

あらよっ
  ボールと靴とのマッチンぐ~

スライド3

あれ? どうしたの?
  なんか、目が変だね。

スライド4

まさか、そのままボールにもたれて寝るんじゃないよね。

スライド5

寒いから室内ランに入ってみたら、
  4カ月のラブラドールくんがいた。

スライド6

ああ、むくむくで、めちゃくちゃ、めんこい。
   きゃらって、パピイとは、上手に遊べるんだよね。

スライド7

ゾフィ、しつこすぎ。
  好きなのは、分かるけど、まだ子どもだからさぁ。

スライド8

というわけで、またまた外に出ると、今度は・・・

スライド9

7か月のボステリの女の子。
  なんか、きゃら&ゾフィのおちりに興味があるらしい。

スライド10

「見たことないものが、あるわぁ」

2ブヒ、マーキング、出来ず。

スライド11

おかやんは、デザートを。
  ブヒズも、ワンコケーキがあたったのでした。

スライド12

今日もいろんなワンコとお友だちになれて良かったね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。