スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚のひづめ

きゃら、ヒヅメ、食べる?

スライド1

ひ、ひづめって・・・これ?!
  グロテスクでしゅ。

スライド2

いい匂いがするけど・・・

スライド3

固くて歯が立たないでしゅよ。

スライド4

すんすんすんすんすんすん
  匂いを嗅ぐばかりの2ブヒ。

スライド5

お散歩の途中にあるレストランが、くれたんだけど、
    思ったほど、ウケなかったなぁ。
スポンサーサイト

外に出て考える

更新が止まっていたのは、ただブログ担当のおかやんが、さぼってたからで。

          ぼくたちは元気でゴンス。

スライド1

「地震になったら、パニックにならずに、机の下にもぐるんだよ」
と、おかやんに教えられ、練習中。

スライド2

マイクロチップも入れてあるけど、やっぱり迷子札もしてた方がいいかなぁ。

スライド3

おかやんは、しばらく日本を離れてました。
  驚いたのは成田空港。
帰国する外国人で、てんやわんや。

わんこ連れの多いこと。
   大型犬も、たくさんいました。
みなさん、長年、暮らした日本を離れ、母国に帰るようです。

スライド4

向かった先はポートランド(ポーランドではありません)

飛行機の中でスチュワードさんに「全員、放射能汚染の検査があるかもしれません」
と、耳打ちされ、緊張。
(ありませんでした)

スライド5

しかし、いきなり放射能について地元テレビにインタビューされる、私たちのグループ。

スライド6

そんなこと、言われてもね。

私たちの目的地は、ここ。
  癌になった子どものための施設。

スライド7

つらい治療でも、子どもたちが少しでも笑顔で過ごせるように。
  親が24時間介護から、少しでも解放されて自由な時間が過ごせるように。
ここで豊かな時間を過ごした子どもたちの笑顔が写真として貼られています。

スライド1

彼らは、音楽大のハープセラピーのコースを卒業した人たち。
   そういうのがあるそうです。

スライド8

街に出てみると、公園で募金活動が行われてました。
   キャンドルを売って、日本の被災地に送るのだそうです。
「キャンドルを買って、ヒーローになろう」・・・すごいキャッチコピーだこと。

スライド9

あっという間に日の丸を持った人たちで広場は埋め尽くされていきました。
  これから、暗くなり、みんなでキャンドルを掲げて、日本のために祈るのです。

スライド2

ワンちゃんも祈るのでしょうか。
  日の丸には日本語で「がんばれ日本、がんばれ東北」と書いてあります。
どこで手に入るんだろう?

スライド1

2~4日目は、「ダギーセンター」
  「ドギーセンターって言う人がいるの。ドギーじゃ、犬よね」と、所長さん。
私的にはドギーでも良かったけど。

ここは、親や兄弟を亡くした子どもたちのためのセンターです。
  幼児から20代まで、いろいろな年齢層の子どもたちが来て、語らいます。

スライド10

隣は、発達の問題やひきこもりの子どもたちのためのセンターだそうで、
   資金集めのためにレストランやショップが併設されています。

スライド11

子どもたちは、こんな部屋で話し合いをします。

スライド13

すっかり子ども返りしちゃった、私たちグループによって積み重ねられた、ぬいぐるみ。
   一番人気は、ぶちゃかわいいカバ。

スライド14

こちらは、子どもたちのメッセージが葉っぱに書かれたキルト。

スライド3

みんなで密かにお昼の心配をしてたら、
  ランチつきの研修でした。

アメリカの食事は、さりげないけど、けっこうおいしい。

スライド15

こちらは講師の先生が、私たちのために焼いてくれたお菓子。
  毎日、違うお菓子を焼いてくれました。

スライド16

もちろん、ランチも、毎日、違うメニュー。

スライド18

でもって、またまたテレビの取材。
  今度は地震について。
札幌からのメンバーが
「私の住んでるところは、あまり揺れませんでした」
と言ったら、5分で終了したとか。

スライド17

最後は研修証明書を一人ずつもらい、終了。

スライド19

行きは直行でしたが、帰りはシアトル経由。
   小さなプロペラ機。

スライド20

シアトルといえば、シアトルコーヒー。
   説明が複雑な上に、字は小さいし、店員さんはスペインなまりだし、
     よく分からなくて、チョコレートドリンクになっちゃった。

スライド21

アメリカのこうした施設は、みんなこじんまりしています。
  自分の子どもが癌で死んだ
  自分の子どもが自閉症
という家族が設立しています。

そして寄付金でまかなわれ、ボランティアに支えられているのです。

ボランティアは厳正な審査をし、相当な訓練を受けます。
子どもの癌のセンターも、ドギーセンターも、150人ほどのボランティアがいて、
  希望者はもっと多く、なかなかなれないそうです。

札幌よりずっと小さな町なのに。

ちなみにポートランドは、市内電話は無料、路面電車も無料。
  最近、バスは有料になったとかですが。
どういう経済状態なんでしょうか。不思議です。

みんな無事(追加)

先ほど、百太郎ママから電話が。

ぶーたんママから電話があったとのこと。
  みなさん自宅にいて、ライフラインは分断されているものの、
元気で過ごしているとのこと。

は~、良かったぁ。

茨城支部長、岩手支部長からも連絡いただき、
   ライフラインの問題はありながらも、みなさん無事とのこと。

恐い思いをしましたね、みなさん。
  まだまだ東北は寒いはず。

これから、節電して、少しでも、電気がいくようにがんばります。

みんな無事

揺れました。
  札幌も揺れました。

なぜか、我が家に来ていたのは、はなちゃん。

スライド1

妹のまるちゃんは、東京住まい。
  携帯もつながらないし、連絡がつかない。
伝言ダイアルにも何も入ってない。
    心配・・・・

スライド2

ゾフィ「はなちゃん・・・こしょこしょ・・・」
はな「え、ブログに?」
  なんと、連絡がつかないので、「多摩川のまる」ブログに安否情報が。
    教えてくれたボスパパ、ありがとう。
はな家、実家のみなさんの様子が分かり、一安心。

スライド3

ぶーたん家も、ブログに百太郎くんが、
  「ぶーたん一家、無事です」とコメントを。
まだメール等での連絡はつきませんが、無事なようです。

スライド4

避難所にワンコは入れません。
   みんな、無事かな。
多頭飼いだと、連れて逃げるのも大変。
  
スライド5

我が家は災害対策のために、カートを買ってあります。
   ガラスなどが地面にあると、ワンコは歩くことは出来ません。
抱っこして2ブヒ、一人で連れては避難出来ないので。

使わないですむのが、いいんですけど。

  

ぼくの友だち

今日は、ぼくの友だちのシンちゃんが、遊びに来ました。

スライド1

なんでしゅか?
   ぼくで出来ることなら、相談にのるでしゅ。

スライド2

時々、おとやんの腰に乗ることはあるけど、
   肩って、どこでしゅか?

スライド3

だからどこでしゅかって?

スライド4

なめると治るでしゅ。
  いつも、こうやって、きゃらくんをなめてあげるでしゅ。

スライド5

シンちゃん、ぼくたちと一緒で短毛種でしゅね。

スライド6

たふたふが無くて、かじりづらいでしゅ。

スライド7

人間の友だちも楽しいでしゅ。

スライド8

週末には、ワンコの友だちが来るらしいでしゅ。

天使のサム

みなたま、こんにちは。
  サムです。
昨日まで、「ちび太」って呼ばれてたのに、
   なぜか今日、生後60日にして、突然、サムになりまちた。
フルネームは、サム・ゲ・タンだそうだけど、どういう意味なんでしょう?

スライド1


「天使みた~い」
「きゃらく~ん」
   とか言って騒いでいる、この二人は、なんなんでしょうか。
きゃらくんって、だれ?

スライド2

ぼくたんの、大きさですが、スリッパと比べてこんな感じ。

スライド3

右側のデカいのは、一緒に生まれた兄弟のファン太でち。
   一緒に生まれたのに、なぜかデカいでち。

左上の雑誌の表紙に写っているのが、ぼくのお父さん。
お母さんは、まったりおっとりのチャコ母さん。

スライド4

時々、ぼくたんに乗ろうとするけど、
   もちろん、ぼくたん、そんな事は許ちません。

スライド5

ぼくたんが怒れば、ほら、このとおり。
   ぼくたん、強いでち。

スライド6

この二人、ぼくたんたちに、メロメロでちね。
  それにしても、相変わらず、この左のシトは
「きゃらく~ん」って、叫んでまちね。

スライド7

以上、リコチャコ家から中継でした。


すんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすん

スライド8

すんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすんすん

なんか、匂うでしゅ。
   赤ちゃんの匂いがするでしゅ。
おとやん、おかやん、どこかで浮気してきたでしゅ。


    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。