スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初雪・・・猛吹雪

ハロ~みなさま、ゾフィでしゅ。

いや~、びっくりでしゅ。
  まだ10月だというのに。
昨日の朝、お散歩コースがこんなことに

スライド1

前日から雪。
  そして夜には突風。

スライド2

あ~あ、枝がみんな折れちゃってるでしゅ。
  栗もどんぐりも銀杏も、一気に落ちてたしぃ。

スライド3

お散歩コースがふさがれてるでしゅよ。

スライド4

足が・・・
(くつ、はいてるじゃん)

スライド5

食べるんかい!
  その雪、まだ汚いよ。

スライド6

この後、突然、ハイになって、とびはねた、きゃらでした。
スポンサーサイト

ギブミーおやつ

ハロ~みなしゃま、ゾフィでしゅ。
  食欲の秋でしゅ。
何を食べてもおいしい秋でしゅ。

スライド1

いも、かぼちゃ、玉ねぎ(・・・は食べないでしゅけどね)
   北海道はおいしいものがわんさか。

スライド2

スーパーには生鮭も1匹、半身で売っているのが北海道でしゅ。

スライド3

でもいくらなんでも、
  ・白菜、人参
  ・鮭
  ・じゃがいも
この取り合わせが毎日、毎日、毎日、毎日、毎日、毎日・・・・・
    あの、おとやんが、あのおとやんが、これ以外、何もくれないんでしゅ!

スライド4

きゃらくんが、うるんだ目で見つめれば、
ぼくが、「ねえねえ」と前手でお願いすれば、

かりんとうだろうと、煮干しだろうと、チーズだろうと、パンだろうと・・・・・
  ありとあらゆるものを、ぼくたちに分けてくれていた、あのおとやんが!

スライド5

おとやん「だって、ゾフィ、先生がゾフィのタマタマを指さして、
      ここ、赤いですねって、言っただろう」
ゾフィ「言ったでしゅよ。で、おとやん、それは生まれつきですって、答えたでしゅ。
    お医者さん、びっくりして苦笑いしてたでしゅ」

要するに、食物アレルギーを調べるために、種類限定してみているわけで。

スライド6

だから仕方ないんだよ、ゾフィ。

ひもじいでしゅ・・・

スライド7

おやつを全部、止めたら、食いつきのいいこと。
  ごはん、まっしぐら
  毎食、完食
目の色変えて、食べている。
食材は考えなくていいし、すごく楽になりました。

富良野オムカレー

南富良野の行く途中で寄ったオムカレー屋さん
  まさ屋
富良野市は小さなところなのに、名物レストランがたくさんある。
  しかも「北の国から」のせいで、観光客がわんさか。
    車は全て、レンタカーか道外ナンバーという状態。
三連休とあって、レストランに入るのも一苦労。

ここは飛び入りで入った。

富良野にオムカレー屋さんは11件あるそうだが、ここは目の前で作ってくれる。

まず野菜を、びっくりするような量のバターでいためる。

スライド1

次に土手を作り・・・

スライド2

その中に卵を流し込む。

スライド3

とろとろ、いい具合になってきたら、注文分に分ける。

スライド4

先ほどの野菜とごはんを合わせたものの上にのせる。

スライド5

さっきの卵をのせる。

スライド6

仕上げはカレー

スライド7

富良野オムカレーには全て、この旗を立てるらしい

スライド8

富良野牛乳を添えてどうぞ。

スライド9

こちらはお好み焼きなんだけど、30分かかるとのことで、次回のお楽しみ。

スライド10

今回はブヒズなしですみません。

もうすぐ楽しいハローウィン

ハローウィ~~~ン
  もうすぐ楽しいハロウィ~~~~ン

Personalize funny videos and birthday eCards at JibJab!


お友達が勢ぞろい。
  だれがだれだか、分かるかな?

去年のハロ-ウィンはこちら

オータムフェスタ

もう冬の訪れだというのに、今頃、オータムフェスタの記事でゴンス。

スライド1

秋といえば、食欲の秋。

スライド2

オータムフェスタではワンコのフードも売っている。
   これはダチョウを飼っているという人が、自分のワンコのために作ったエゾ鹿ベースのフード。

スライド3

売り物なのに、2ブヒでひとつ、空けてしまった。

スライド4

しかも5個買ったら、1個おまけしてくれた。
  ぼくたちが、かわいいからだね、きっと。

スライド5

「いらっしゃいませ」の札をフリフリ、踊るニャンコたち。
    なんだ、これ?

スライド6

大通公園って、いつも何かやってるね。
   でもって、いつも、ぼくたち、毎日、連れてこられるね。

スライド7

おやつ三昧の日々が終わりを告げるとは、
   2ブヒはまだこの時、知らなかったのだった。

雨の日には・・・

三連休、中日は雨。

きゃらくん、何してるんでしゅかね?

スライド1


スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

フレブルって、訳わかんないわね。
   一緒にお泊まりした、ルナちゃん。

スライド6

ルナちゃんって、ワインボトルに似てるね。
  ほっといてチョーダイ

スライド7

これじゃ、金山湖にも行けないでゴンス。

スライド8

ルナちゃんのママさんは、やさしい。

スライド9

ぼくはルナちゃんと一緒だから、けっこう楽しいでしゅ。

スライド10

よかったな、ゾフィ。

スライド11

去年の同じ時期は、ぶーたん一家と訪れた美瑛。

スライド12

どこを撮っても絵になる。

スライド13

来たかった「青い池」にも来れた。
   ここは晴れた日にリベンジかな。

スライド14


ブログ更新中に地震。
けっこう長かったな~

永遠の・・・

3連休。
  南富良野へと向かう。
目的は「オムカレー」・・・

スライド1

・・・なわけはなく、
アンジーさんのお墓参り。
   せめてお花をたむけたいと思いつつ、今日になってしまった。

スライド2

イブちゃん、ポーラーさん、そして総裁。
   ファミリーは健在。

スライド3

一番、アンジーさんに似ているナタリーさんもね。

スライド4

イブちゃん、おとやんに抱っこされると、いいことがあるんだよ。

スライド5

ムースキャビンでは、もう暖炉に火がくべられていた。
   みんなまったり。
  イブちゃん、総裁の顔にお尻がくっついてるけど・・・

スライド6

外は枯れ葉が舞い散っている。
  総裁とボスが、ふと外に目をやる。
癒えることのない哀しみって、あるよね。
   どうにもならない、ただ悲しいだけが、ころがっていることって、あるよね。

スライド7

ぼくたちも忘れない。
  南富良野に、とても素敵な夫婦ブヒがいたことを。
きっと、これからの夏彦ファミリーを、大顔連を、見守ってくれているよね。

スライド8

おみやげ

福島から帰って。
  おみやげ、いっぱいもらっちゃった~
(全部は写し切れてません)
半分以上は、きゃら&ゾフィのおやつ。
  しばらく買わなくてすむね。

スライド1

秋田ブヒの方々は、初めて会うのに、こんなに・・・
  
スライド3

前々から準備してくださっていたんだな・・・と思うとウルウル
   コルクの上に載せちゃったんで、分かりづらいけど、ちゃんときゃら&ゾフィの色です。
秋田ブヒの方々は、車に吊り下げているようですが、
     我が家はガラスのドアにつるす予定(まだやっていない)
こちらのブログのうさこさんが、作成しているようです。

スライド2

こちらは、ぶーたん家から。
   こちらも分かりづらいけど、
     きゃらのお姉座り、ゾフィのねむねむ
   二人の特徴を捉えてて。もうかわいくて、かわいくて。(親バカですが、なにか)
一番、二人らしいポーズをオーダーしてくれた、ぶーたんママさん、さすがです。
  作成してくれたのは、「おっかあの落書き帳」のおっかあさん。
  北海道の方なんですね。

スライド4

みなさんからの愛情と思いやりがいっぱいで、
   帰ってきて、改めて、しんみりウルウル。
みなさん、北海道に来てね。
   大歓迎しますからね~

もうすぐおうち

帰路も同じ「むってい」に宿泊。
   
スライド1

裏庭にはドッグランもついている。

スライド2

往路は、エルフくんだけだったけど、
   今回は、いっぱい。10組のお客さん。
長旅だったね。疲れたね。
(一番、疲れてるのは、おとやんです)

スライド3

二泊目のお客さんは、メニューが違う。

スライド4

ヘルシーなしゃぶしゃぶ。

スライド5

大型犬が多かった。
  ゴールデン、ラブラドール、サモエド・・・
吠えてた子はいなかったよ。

スライド6

しきりから顔を出したら、大ウケ。

スライド7

調子に乗った、おとやん、きゃらも、出してみる。

スライド8

翌朝。7時に岩手の「むってい」を出る。
   気温7度。来る時の函館は27度だったのに。
旅の間に、季節は夏から秋へと移ろった。

スライド9

帰りはドッグバルコニー付きフェリーの「ブルードルフィン」初体験。
   こちらのドッグルームまで連れてくる。
ドッグルームは2部屋あり、男の子と、女の子で分ける。
  (なんでだろう?)

スライド10

中のケージに入れろということらしいが、
   どの子も入れると吠える。

スライド11

というわけで、この状態。

スライド13

この日は突風が吹き、雨も降りだしたので、外に出す人は少なかった。
女の子部屋の方では、コーギー2匹がずっとバルコニーに出ていたが。

スライド12

この日は、我が家、トイプー2匹、シェルティ。
  総勢5ひき。
ドッグルームが満杯になったら、飼い主さんが座るイスはないね。

スライド14

もうすぐおうち。
  次回は、いただいたおみやげの数々をご披露させていただきます。

ブルードルフィンの感想:
新らしい船かと思ったら、改装しただけでした。
なので通路が狭い。
基本、カートは禁止(強引に押し切った)。
駐車場から、客室までの通路へのドアが狭くて通れなかった。
仕方なく、カートの車輪をはずして通る。
そのままエレベータへ。(ここもはずさないと通れない)
その先には、なんと階段!
(本当は禁止だが)カートから下ろして抱っこして上り、上でおかやんが2ブヒと待機。おとやんがカートを上げ、再び乗せる。
5~6キロの小型犬ならいいけど。かなりしんどい。
まるで障害物競争のようでした。
乗組員の方は、カートから出しても、何も言いませんでしたが。
(どう見ても、仕方がなかったし)
むしろ協力してはくれました。
それにしても、けっこう大変でした。

太平洋フェリーは、駐車場からエレベータで上がれたのになぁ。

みんな大好き

翌日、早くに、ぶーたんパパママさんが迎えに来てくれたでしゅ。

「どこに行くのな?」
パパママさんが連れてきてくれたのが、ここ!

スライド1

ひろ~い
  きれ~い
国営「みちのく公園」

スライド2

お花がいっぱいでゴンス。

スライド3

広い公園、大好きでゴンス。
    いっぱい歩くでゴンス。
そうそう、置物きゃらも、こういうところに来ると、よく歩くんだよね。

スライド4

そんなに急ぐと、ぶーたん支部長がついて来られないよ。

スライド5

本当にお花が多い。
  一面の黄色いお花。
ぼくたち、かっこいい?

スライド6

ぶーたん支部長も・・・あれ?
   なんか雰囲気が違うね。
ぶーたん支部長は、何を背負っても、やっぱりぶーたんだね。

スライド7

せっかくだから、みんなで撮ろう。
  ほら、きゃら、ぶーたんと、並びなさい。
「ぼくは、大顔連じゃないでしゅ」
  いいの! 早く並んで!

スライド8

文句、言ってた割には、ゾフィが一番の笑顔。

スライド9

気温は高くなかったけど、お天気が良くて、ぶーたん、へろへろ。
「抱っこ、したいな~」のおとやん。

スライド10

さてここからは古民家エリア。

スライド11

いろいろ古い歴史についての説明があるでゴンス。
   北海道と違い、こっちは歴史が深いのでゴンス。

スライド12

奥には、ワンコは入れないそうで、がっかり。
   奥にはこんなものがあったそうでゴンス。

スライド13

ぼくたちは、ここから帰路に着くわけでゴンス。
   もうすぐお別れ。

スライド14

ぶーたん家とは、三度目の出会いであり、そして三度目のお別れになる。
  いつも、会う時は、数日前から眠れないぐらい嬉しくて、
    そして別れる時は、泣きそうな切ない気持ちになる。

スライド15

いつもありがとう~。
  パパママさん、お兄ちゃんもお姉ちゃんも。
  そしてぶーたん、モー子ちゃん、ラブたん、アイちゃん
みんな、大好きだよ~

牛タンは最高!

今日のお宿の「かたやぶり」
  住宅街の片隅にひっそり建つ。
看板もこれだけ。

スライド1

お部屋の中には、たくさんの花、花、花。

スライド2

いずれも造花なれど、本物みたい。

スライド3

センスのいいお宅だこと。

スライド4

きゃら&ゾフィも気にいったらしい。

スライド5

ぶーたんのお姉ちゃんも、「居心地いいわ」と言っております。

スライド6

お天気だったら、ここもいいね。

スライド7

今晩はここで・・・
   寝たのは、おとやんだけ。おかやんはブヒズと寝ました。

スライド8

このムートン、最高でゴンス。

スライド9

警戒心の強いゾフィも、しばらくがんばっていたが、眠りに落ちる。
       むにゃむにゃ・・・

スライド10

すっかりまったりしたブヒズを置いて、
  飼い主たちは、牛タン屋さんへ。

スライド11

ああ、牛タンの常識を覆す、仙台の牛タン!
    この厚さを見よ!

スライド12

こんなもの、他のところでは食べられない。
   ああ、仙台に来て良かった。

スライド13

ハモも北海道では食べられないんだよね。

スライド14

おなかいっぱい、もう食べられない。
「お兄ちゃん、寄っていきなよ」

「1か月ぐらい、お姉ちゃんと、きゃらくん、交換したいな」
それはダメです。
  パパとママが泣いちゃいます。
  
スライド15

今回は朝食つき。
(2食つきもあります)

スライド16

素敵な1日でした。
  盛りだくさんだったけど。
お兄ちゃん、おねえちゃんは、明日は学校。
    これでお別れだね。
いっぱい遊んでくれて、ありがとね。

仙台へGO!

だれも遅れることなく朝ご飯をすませたものの、
   翌日も大雨・・・

この雨の中、私たちに会いに、あのブヒたちがやってくる。

スライド1

あのブヒって?
  このブッヒーズですよ。
       いや、もう、大変。
ブヒブヒ、どやどや。

           宮城からぶーたん一家
           東京から百太郎一家
1年ぶりだ。なつかしいよ~
  両家、前日の夜中から、車を飛ばしてきたんだよ。
 
スライド2

大雨だったし、ゆっくり遊ぶこともなく、また移動。
  (この後、レジーナには福島ブヒが集合・・・したらしい)
ここで秋田ブヒと、ビスオくんに別れを告げ、
   一路、仙台へ北上。

ぶーたん、行きつけのお店、バウアイズへ。
  百太郎くん、相変わらず、舌が長いね。

スライド3

一太郎くん、相変わらず、ベビーフェイスがかわいいね。

スライド4

きゃら、お前は何してんの?
   余韻にひたってるのでゴンス。

スライド5

はじめまして・・・の気がしない与太郎くん
   宮城副支部長。
  
スライド6

この2ブヒ、訳の分からない戦闘体制。

スライド7

ほおら、けっこう似合うじゃないの。
  笑ってごらん。

スライド8

福島でもメンズばかりだったけど、ここも・・・
    モー子ちゃん、唯一、きみだけだよ。

スライド9

バウアイズでは、誕生月にはケーキを出してくれるらしい。
   (それともぶーたんは、お得意さまだから?)
ぶーたんの誕生日、9月20日でございます。

スライド10

ママさんが、みんなの分を取り分けてくれた。

きゃ~、ぶーたん、なめちゃダメよ。
  これ、全部、ぼくのなのだ~

スライド11

仙台のケーキは格別でゴンス。
  舌が出ちゃうでしゅ。

スライド12

食べるものも食べたし。
  百太郎家は、これから東京まで帰らなくちゃいけないし。
  (パパさん、翌日、お仕事だし~   何時間、寝てないんだ?)

スライド13

ほら、また集合写真だよ。
  10枚撮っても、ブレブレとか、あちこち向いてるとか。
ここで百太郎一家ともお別れ。この数時間のために来てくれて、ありがとう。
  与太郎くんもお別れね。また会えるといいね。

スライド14

仙台のお宿はここ。
  一軒家。
ええ、ここ~?
  フツーのおうちじゃん。
はい、そのとおり。なかなか素敵なおうちを、一軒丸ごと貸してくれるのでした。
   中の様子はまた次回。
  

最後はコテージ

外が相当ひどい降りになってきたので、
   コテージの中に退散。
ブヒブヒも、人間も、まだまだゲンキだよ~
(寝てしまったのは、おとやんと、きゃら&ゾフィだけ)

スライド1

なぜかあふれる駄菓子の山。
   ワンコおやつは、「アレルギーない?」「添加物入ってないよ」
   と気を使ってるのに

スライド2

うまい棒って、どうしてこんなに話題が盛り上がるんだろう。
  「あんたたちには、食べられないよ」
ブヒズが踏むわ、その上でアホアホするわで、けっこうコナコナ。

スライド3

だから、これはチョコだってば~

スライド4

かじるな!

スライド5

11時を過ぎる頃、さすがにハイテンションなブヒズも・・・

スライド6

みんな、甘えっこさん。

スライド7

なんだかんだと言って、パパやママのおひざの上。

スライド8


スライド9

そ、それって、楽なの?

スライド10

パパさん、ブヒを捕まえては、枕にしたがる。

スライド11

うんうん、こんなに囲まれて、幸せだよね。

スライド12

夜も12時を回り・・・
  24時間以上、寝ていなかったり、昨夜はほとんど寝ていない人もいるはず。
「明日の朝食、何時にする?」
「7時半からなの? じゃ、7時半にしよう」
   ・・・秋田県民って、ゲンキだぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。