スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走る! 走る! 走る! 

ちぇっ、難易度、高いと思ったのに、みんなに当てられちゃった。

正解は①で~す。
   こんなところでゴロンするのは、きゃらだけかぁ~
みんな正解だから、賞品もなしです。
  今度はもっと難しい問題にしようっと。

さて、ランの続き。
  あまりにも、みんなまったりしているので、リコチャコパパが走った!

スライド1

みんなも走った~!

スライド2

あの~、きゃら、そっちじゃないんだけど。

スライド3

あれ、リコちゃん、チャコちゃん、どうしたの?
  姉妹げんか?

スライド4

え、なに?
  私たち、仲良ししてるだけよ。

スライド5

きゃらも、一緒に走れよ。
「おとやんも、一緒に走ってくれるでゴンスか?」

スライド6
ぼくだって、走れるでゴンス。
  ・・・ただちょっと、反応が悪いだけで。

スライド7


スライド8

え、あたし、きゃらくんじゃないのよ、おとやん。

スライド9

いや~ん、あたし、乙女なんだけど。
   なんだか恥ずかしいわ~

スライド10

飼い主たちも疲れたから、カフェにしましょ。

スライド11

ん~、ん~、首が伸びちゃう。
   それ、おいしそう~

スライド12

インディアンの常連さんなら、みんな知ってる。
いつもこの席。
   いつもラブ
見つめあう二人。
いい感じだよね。

スライド13

久々の、ブヒブヒ・ランでした。
  楽しかった~
スポンサーサイト

久々のラン

北海道とは思えない猛暑続き。
  どこにも行けないでゴンス。

というわけで、室内ドッグランに集まることに。


スライド1

メンバーは、
  リコ・チャコちゃん
  ぽこちゃん
  リロちゃん

おとやん、めっぽうチャコちゃんをお気に入り。

スライド2

さあて、難易度、高いぞ~

スライド3

ぽこちゃんとは、1年ぶり
   元気いっぱいのぽこちゃん。

スライド4

遊びたい気持ちはあれど、相変わらず、どうしていいか分からない。

スライド5

あれ、この感じ、どこかで見たような。
 あ、1年前のこの画像。
きゃらって、成長しないね。

20080803214344_20100829191023.jpg

ママさんになら、どうしていいか分かるんだけど・・・

         「こら~~~!!!」

スライド6

遊ばせ上手のリコ・チャコのパパ
  ただ走るだけで、「やんや」の喝采が起こるきゃら

スライド7

ノリの悪いゾフィ

スライド8

もう疲れたの?

スライド9

パパ大好きのリコちゃん

スライド10

でもって、きゃらは・・・相変わらず

スライド11

イスに上がるたびに、シャッター音が・・・
   パシャ
    パシャ
     パシャ

スライド12

どうしても足が落ちてしまうきゃらのために、
  イスを二つ

「え~、二つも使うのぉ?」
「人間の座る分がないじゃん」

スライド13

泣く子ときゃらには、だれも勝てないのである。

スライド14

続くし~

消しゴムはんこ

ぼくたち、おとやんが大好きでしゅ。
 朝、出勤前のひととき、こうして過ごすのが、幸せ。
平和だね。こういう日がずっとずっと、いつまでも続くといいね。

スライド1

いや~、ゾフィ、そこまでしてくれなくても・・・

スライド2

そういえば、なんか、いいものがあるって、おかやんが言ってたよ。
    見てくれば?

スライド3

おかやん、なに? おやつ?
  え、なにこれ?

スライド4

作ってもらった消しゴムはんこ。
   押したらこうなる。

スライド5

ゾフィ巨匠、いかがなもんでしょう。

スライド6

う~、めちゃかわいい。

ミホちゃん、ありがとね~
   大事に使わせてもらいます。

夏の夜に

ハロ~、みなさま、ゾフィでしゅ。

ぼくたち、365日、お散歩は欠かしません。
  日に2回、吹雪の日も、大雨の日も、猛暑の日も。
ま、おとやんの趣味でしゅね。

スライド1 />

でもって、きゃらくんは、相変わらず、こんなでしゅ。

スライド2

ま、毎年、恒例だから、ぼくたちのブログファンなら、知ってましゅよね。

スライド3

でもって、今年から、ぼくもマネしてみることにしたんでしゅ。
  これが、意外にイケる。
ここ、コンビニの前なんでしゅけど、冷房の風がきて、涼しいんでしゅ。

スライド4

いつものように、こんな風にしていると、
   いつものように、道ゆく人が、「あらかわいい」とか言ってくれ。
ここまでは、いつもの風景でした。

ところが、今日、ぼくたちをなでてくれた人が、
 「かわいい・・・私、少し前に、犬が死んじゃって・・・」
アジソン病を患い、長く闘病した末のことだったとか。

ちょっと、今日は心折れていた、おかやんは、思わず、一緒に涙。

実は24時間前、また小さな命が一つ、逝ってしまったのです

スライド5

赤ちゃんの時しか知らないけれど、天真爛漫な天使でした。
   1歳10か月・・・

スライド8

おかやんは、フーバー丼。からもらった和ろうそくを灯しました。

スライド6

小さな命がいくつも消えていく。
  小さなともし火で見送りましょう。
安らかに。
    パパとママと、そして多くの人たちに、喜びと安らぎと癒しを与えてくれてありがとう。

スライド7

でももう、だれも逝かないでほしい。
  祈りをこめて小さなともし火をともしましょう。

いらっしゃ~い

お盆も中日。
  今日はお客さんが来るでゴンス。

スライド1

だ~れだ?
   わくわくでゴンス。

スライド2

私よ、ルナ。
  いつも、お兄ちゃんたちが、あたちのところに来てるから、今日はあたちが来たの。

スライド3

これがベッド?
   あたちのベッドに似てるけど、すっごく大きいわ。

スライド4

お兄ちゃんたちが一緒に寝ると、狭いわね。

スライド5

いやん、なにするの!?
  あたち、まだ少女なのよ。

スライド6

ハレンチブルドッグって、こういうことだったのね。

スライド7

きゃ~!
  いつもは置物なのに、素早い動き!

スライド8

あら?
  どうしたのかしら?
電池切れ?  まだ10分よ。

スライド9

もう遊ばないの?
  なんでゾフィくん、あたちのママにおやつねだってるの?

スライド10

結局、2ラウンドほどしましたが、ルナちゃんに体力負け。

スライド11

みんな、今夜は熟睡ね。

それにしても、うちの2ブヒは、体力ないな~

ジンジャーシロップ

なにかともらいものの多いこの季節。
    もらって嬉しかったもの・・・
炭酸水で割ると、ドライなジンジャーエールになる。
ジンジャーシロップ横


で、おかやん、それと、ぼくと、なんの関係が?
ゾフィとジンジャー

関係ないのに、あんたがカメラの前に来たんじゃないの。

がんばろうね、みんな

夏彦総裁は相変わらず、すごい。

この暑さも吹き飛ばして、お仕事中。
      これなんか表紙でゴンス。

スライド1

中身はこんな感じ。
  確かに南富良野は「田舎暮らし」だし、
    どんなフレブルも憧れる生活でゴンス。

スライド2

こちらは創刊号。
  北海道限定発売かな?

スライド3

そうそう、オデは夏彦でゴンス。

スライド4

あ、ちょっと前の取材だったから・・・

スライド5

またうるうるしてきちゃったでゴンス。

スライド6

アンジーさんの分まで、たくましく明るく元気に生きていこうって、
  みんなでがんばってるんだよね。

フーバー丼。
源太くん
櫻ちゃん

ぼくもがんばらなきゃ。

こんなんでどう?

スライド7

スライド8

作りたい人はこちらから
松原さんのナイスショット

アンジーさんありがとう

ハロー、みなさま。
      ゾフィでしゅ。
もうみなさま、ご存じだと思いますが、夏彦総裁の奥さん、アンジーさんが、虹の橋を渡りました。

アンジーさん、覚えてますか?
初めて、ムースキャビンにぼくたちが行った時、
  はしゃいで、総裁やポーラーさんにきゃらくんがからんでいたのとは別に、
ぼくは、なんだか気遅れして、アンジーさんの後にばかりついて歩いていました。

アンジーさんは、いつも素敵な笑顔で、ぼくたちを迎えてくれましたよね。

スライド1

大吉くんという親友を得て、すっかりやんちゃになったぼくのことも、
   少し遠くに離れて、見守ってくれてましたね。

スライド2

偉大な夏彦ファミリーは、すべて、あなたから始まったのです。
   女帝と呼ばれ、一家のだれも頭が上がらず、
 でもだれよりもやさしかったアンジーさん。

スライド3

ムースキャビンは、今頃、深い悲しみに暮れていると思います。
  7歳と7か月は、フレブルにとって短いのでしょうか。
でもあなたは、大家族に囲まれ、多くの愛と自然に抱かれ、
   だれよりも幸せなフレブルだったに違いありません。

ボスの奥様があなたに一目ぼれした時から、運命は始まっていたんです。

アンジーさん、ありがとうございます。
  ぼくたちが、こんなに楽しいのも、幸せなのも、みんなあなたから始まりました。
これからも、ファミリーを、ムースキャビンを、
     そしてぼくたちを。フレブルの母として見守ってくださいね。

ぼくたちのファン

ハローみなさま。きゃらでゴンス。
  ゾフィの心配、ありがとうでゴンス。
まあ、一進一退というところで、ステロイドは終わって、抗生剤を飲んでるでゴンス。

さて、毎朝、同じところを歩いていると、
  けっこうファンが増えていくもんでゴンス。
ぼくたちに、おやつをくれたい人たちって、けっこう多いもので・・・

最近、ぼくたちのファンクラブに入会したのが、ミワおばちゃん。

スライド1

おばちゃんは、ぼくたちに、毎朝、おやつをくれる。

スライド2

ぼくも、感謝をこめて!

スライド3

おばちゃん、ぼくのこと、
     ギャル
って呼ぶ。
  ぼく、男の子なんでゴンス。
いくら訂正しても
      ぎゃる
って呼ぶし、時々、ゾフィのことも
      ぎゃる
って呼ぶから、テキトーに呼んでるだけみたい。

スライド5
きゃ~、
   ぼくも襲われちゃったでしゅ。


スライド6

おばちゃんとは、月~金に会えるの。
   出勤途中に自転車を激チャリして、ぼくたちに会いに来てくれるんだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。