スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花フェスタ開催

近所で、『花フェスタ』とかいうの、やってるでしゅ。

スライド1

イベントがあると、人がたくさんいて、ぼくたちのこと、
かわいい~
って言ってくれる人も増えるんでしゅね。

スライド2

たくさんの人に
かわいい~
って言ってもらって、なでてもらいたいだけでしゅ。

スライド3
スポンサーサイト

ゾフィの憂鬱

毎朝、ぼくときゃらくんは、一緒に散歩に出ましゅ。
   雨の日も、風の日も、雪の日も、台風の日も。
ただ、きゃらくん、遅いんでしゅ。

スライド1
ぼくのお散歩って、歩いてる時間と、きゃらくんを待ってる時間が同じぐらいなんでしゅよね。

スライド2
ま、いろんなこと、しながら、時間をつぶすんでしゅけどね。

スライド3
そろそろ待ってても、寒くはないからいいんだけど。
    冬はつらいでしゅよ。ガタガタ震えながら、待つんでしゅ。
         ぼく、寒がりでしゅからね。
スライド4
なかなか来ないな・・・
          と思うと・・・
スライド5

道の真ん中で寝てたりするわけで。
スライド7

でもって、しまいには、これだし。

スライド6


もう一つ、お散歩で気になっていることがあるんでしゅ。
     このカラスなんでしゅけど。
尾羽根がなくて、飛べないみたいなんでしゅ。
   ピョンピョンはねてるんだけど、猫に襲われたら・・・
おとやんは、子どもが落ちたんじゃないかって言うんですが、どうなんでしょう。   
スライド8

こうしてみると、ぼくって、優しくて、本当に性格のいいフレブルでしゅね。
  みんな、ぼくを見習うでしゅ。

ソファがほしい

おかやん、ぼく、おかやんにお願いがあるんだ。

スライド1

どこかに遊びに行くと、うちにはないものがあるでしょ。

スライド2

そう、ソファ。
    ぼく、ソファが欲しいな。

スライド1

「どんなのが欲しいの?」
   大きいの。おとやんと、おかやんと、ぼくと、ゾフィで座れるやつ。

スライド2

マッサージチェアを二束三文で売り、ソファ購入計画を立てたのに、未だ買えず。
    どういうのを買ったらいいのか、分からないまま数ヶ月。
       決断力のないおかやんなのであった。

今度はなに?!

やっちゃんだけでも驚いたのに、今度はなに!?
  馬?
   どうして?
     ここ、牛小屋だけど、馬小屋じゃないじゃん。
スライド1

なんだ、お姉さんがかぶってるの?
   でも、このお姉さん、どうして馬の被り物なんて持ってきてるの?
ここ、ヘンな人、ばっかりいるよ。
     (そしてワンコ好きな人ばっかりね)
スライド2

ぼくたちの反応が相当、面白いらしい。
    みなさん、撮影タイムですよ。
スライド3
やっちゃん、ますます悪ノリ。
  ぼく、この馬さんにお尻、噛まれちゃったでしゅ。

スライド4

やれやれ、ようやくランでしゅ。

スライド5
やっちゃんにパワーをもらったのか、
    突然、元気なきゃらでゴンス。

スライド6

「おかやんは、久々に走るきゃらを見たよ」
   走ったら、靴が脱げて大変。
スライド7

ああ、きゃらが歩いてる。走ってる。

スライド8

と、思ったら10分ほどで止まった。
     牛が気になるらしい。ま、牛小屋のアイスだから。

スライド9

似てましゅか? 
  ぼくも、おとうさんかと思ったんだけど、違ったんでしゅよね。

スライド10

新たな能力

ワンコというものは、いくつになっても新しい能力が磨かれるものでゴンス。
   今日の、きゃらは、正にそれ。

ぼくたちは、おかやんと一緒に
        『牛小屋のアイス』
               に行ったでしゅ。
ここは、日曜は(たかがアイスを食べるのに)2時間待ち。
      
スライド1

人気のやっちゃん。
    まぜまぜアイスを作る人だけど、平日は暇らしく、ぼくたちと遊んでくれた。

スライド2

え、そのピコピコ鳴るおもちゃは何?

スライド3

あ、顔がついてる・・・しかも・・・
スライド4

きゃらくん、落ちるでしゅよ。

スライド5

強気のやっちゃん。

スライド6
スライド7

「きゃら、がんばれ~」
   おかやん、ぼく、がんばるでゴンス。
スライド8

スライド9

ギャラリーも増えてきた。
   しかも若いお姉さん。

スライド10

へへ、誉められると嬉しいでゴンス。
   しかも運動能力で誉められたのは、生まれて始めて。

スライド11

「置物」返上でゴンスよ。

スライド12

知らなかったな~、ぼくって、こんなことが出来るんだ。
「おかやんも、知らなかった。きゃら、すごいね」

スライド14
やっちゃん、ぼく、勝負に勝ったと思うの。
   ボールちょうだい。
「ボールの代わりに・・・」
スライド15

すごくいいシャッターチャンスだったのに、ブレブレ。
     写真のお勉強をしっかりしなくちゃと思う、おかやんでした。

まだ続く『牛小屋のアイス』なのです。

赤い靴下

きゃら、おとやんは、何があっても、きゃらの病気を治してやるからな 

スライド1

え? ぼく、何か悪い病気なの?
     不治の病とか?
スライド2
肉球が腫れちゃっただけだけどね。
          病院、いくつ行ったっけ。
どこに行っても言われることは同じ。
   「治りづらいんですよね」
   「体質だから」
   「洗って、清潔にして」
   「だましだまし、ずっと付き合っていくしかないんですよね」
そんな事をしているうちに、指の間にできものが出来、それが破れる。
    やがてできものは全体に広がり、肉球そのものが腫れあがり、どこまでが肉球なのか、できものなのかも分からなくなった。
      歩くと、血が出て、膿が出て・・・
スライド3
お散歩の度に洗い、完全に拭き、消毒薬で洗浄し、薬を塗り。
   お散歩の時は脱脂綿を巻き、その上から包帯を巻き、靴下をはかせてからゴム製の靴下をはかせていた。それでどうにか歩ける。
    でも悪くなる一方。
とうとう抗生剤をもらうことに。
    もらって1週間目。ようやく少し、改善の兆しが。
スライド4
一ヶ月ぐらい飲まなくちゃいけないみたいだけど。
      
遺伝性だそうだ。
   「おとうさんや、おかあさんは、どうですか」
って聞かれても・・・

     

大沼・小沼

少しは観光もしようかということで、大沼小沼にやってきた。

おや、きゃらくんは、何をしているのだろうか。

スライド1

お仕事って、なんの?

スライド2

集合写真を撮っているみなさまに笑顔が宿るようにするお仕事でゴンス。
スライド3

(実は、みんなきゃらの方を見るのでカメラ目線にならず、カメラマンはすごく困っていた)

水場とくれば、船である。
   きゃら&ゾフィ家は必ず乗る。
モーターボートに乗せてもらう。
        乗り物大好き、お水大好きなきゃら。

スライド4

        きゃら、楽しいの?

スライド5

ぼくも楽しいでしゅ。
    すごい揺れましゅね。
       わ~い、イケイケ!
スライド6

おなかすいたから、お昼。
     朝ごはんの方がゴージャスだったね。

スライド7

外のテーブルで食べようと思ったら、
   「中、だれもいないから、入っていいですよ」
と言ってもらった。
スライド8

店員さんたちが、みんな、見に来たでしゅ。
   「おとなしいね」
       「かわいい~」
へへへ、それほどでも~

スライド9

それにしても、きゃらはカートに乗ると、この体勢。

スライド10

カートに乗っていれば幸せらしい。

スライド11






函館観光

函館まで来たのに、なんにも観光しなかったでしゅね。
    カートに乗って五稜郭とか行くと、ウケたと思うのに。

ぼくだけ、こんなとこ、行ってみたでしゅ。
  函館ビールでしゅ。お天気が良かったら、イスやテーブルがここに出て、外で食べられるみたいでした。

スライド1

ここは足湯。
    6月中旬オープンだったので、まだお湯が入ってなかったけど。

スライド1

それにしても、こうやって見ると、ぼくって凛々しいでしゅよね。
     ぼくのファンが増えていくのも、納得でしゅね。

スライド2

あ、朝ごはんは、ホテルでも食べられるし、朝市でもOK.
   おかやんは、「ウニのむらかみ」が好きで、今回もここ。

スライド2

ちょっとお金を足して、ウニ丼。

スライド3

おとやんは、三色丼。
    ほたて、いくら、ウニ。
お~~~~、でりしゃ~す。

スライド4

でもって、市場でカニとタケノコを購入。
    これは北海道のタケノコ。孟宗ダケは取れないので、姫タケノコと呼ばれる、これ。
このまま丸ごと焼くのもおいしいよね。
    お味噌汁に入れたり、たきこみご飯にしたり。

スライド5

いつ来ても思うけど、函館はおいしい街です。

雨の日の幸せ

おぼっちゃまくんは、何をしてるのであろうか。

スライド1

「止まってるカートに乗っても、面白くないでしょ」
   いいの・・・乗りたい・・・

スライド2

どうしてもカートのそばから離れないので、乗せてみた。

スライド3

乗せると、安心して眠くなるらしい。

スライド4

乗せた途端に沈んでいく。

スライド5

とうとう・・・

スライド6

このカートは高かったが、買った甲斐があったというものだ。

スライド7
どうやら幸せなのは、一人だけではないよう。

スライド8

だれが見ても、わかりやすい、幸せ笑顔。

スライド9

そして幸せさんが、もう一人。
     おとやん、良かったね。
スライド10

それぞれがそれぞれの安心出来る場所をみつけて、収まって。
   外は静かな雨音が。


雨の函館

以前から泊まりたいと思っていたホテルがあった。
   (またか・・・)
それが、函館のホテル男爵倶楽部

  何度かトライしたが、どうしても宿泊が取れなかった・
    たまたま、この週末に空きを見つけ。

2階がワンコ用になっている。
   ケージは貸してくれる。今回は2個借りた。
スライド1

いろいろワンコグッズもついている。
  コロコロ、消臭剤、ペットシート、ウンチ袋、ウェットティッシュ・・・
スライド2

寝室は別になっていて、リビングとの間には扉があり、閉めることが出来る。
   ベッドの上にあがってはいけないので、ここを閉めておけば安心。

スライド3

キッチンもついている。
  冷蔵庫、電子レンジ、一応のものはついているから、手作り派もOK.

スライド4

テラスもある。
  今回は、あいにくお天気が悪かったけど、天気が良ければ、夜にワインを傾けるなんて出来そう。

スライド5

おかや~ん、雨、上がらないでしゅね。
   「うん、でも小降りになってきたから、お散歩、行こうか」
スライド6

館内はカートかゲージに入れて移動。
   外との出入りは専用出入り口がある。(別に正面からでても可)

スライド7

専用出入り口から出ると、ゲージ置き場があるので、ここにカートを置く。

スライド8


スライド9

お散歩から帰ったら、ウンチはこちらに。

スライド10

至れり尽くせりのホテルで、満足、満足。
  しかも、フロントのお姉さんに、「きゃらくんと、ゾフィくんですか? ブログ、見てます」と言われた。
相変わらず、有名な2ブヒである。




最近のぼくたち、札幌駅高架下を歩くことが多い。

さて、ここはどこでしょう。
   新たな室内ドッグランかな?
スライド1

こんな遊具がある。

スライド2

高い、たか~い。

スライド3

バスケットも出来るし、スケボーやらダンスやら、みんな、思い思いに使ってるんだ。

スライド4

8時になると、開くんだけど、その少し前から開いてるから、ちょっと入ってみたの。
    だれもいなかったし、ワンコはダメって書いてなかったからね。

ライラックの木の下で

我が家には毎年恒例の行事がある。
   ライラックが満開の時に、おかやんがぼくを抱いて写真を撮るというものでゴンス。

2006年
2007年
2008年の写真はこちらをどうぞ

2006年と2007年の写真は、成長の証として、『BUHI』の「みんなパピイだった」特集にも出たのでゴンス。

というわけで、今年はこんな。

スライド1

ぼくは、あまり変わらないよね。
     おかやんは、成長期だね、横に。

ライラックは大きくなってきているので、花がどんどん上にいって、写しづらくなってる。

それと・・・
気づいたと思うけど、撮影の日がどんどん早まってきている。
2006年6月25日
2007年6月17日
2008年6月6日
2009年5月17日

今日は6月4日だけど、既にライラックは枯れて汚くなっている。
顕著な温暖化でゴンス。

同じ頃、桜はこうなっている。

おかやん、このコピー、みなさんに通じないんじゃ。
   橋本治の「止めてくれるなおっかさん、背中でイチョウが泣いている」のもじりなんですが・・・
   (説明が必要なのが情けない。でもみなさん、アタック№1は知ってたみたいだし)

スライド2

あ、鼻水が・・・

スライド3

桜のじゅうたん踏みしめながら、なぜにキミは鼻水たらす

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。