スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大顔連サミット記念撮影

会議は成立しなかったが、記念撮影ぐらい、しておこう。
スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

邪魔になるので、ゾフィ捕獲。
スライド7

いつになったら撮れる、まともな写真。
スライド8

フレブルは座ると猫背になる子が多いけど、
きゃらは、背伸びをする。
座高が高いわけではありませんので、念のため。
一番、大きいのは総裁です。
スポンサーサイト

ブヒ青少年育成条例

きゃらが、まったりと夏彦総裁のストーカーをやっていた頃、ゾフィは・・・
スライド1

健全な青少年、秋彦くんを悪の道へと誘い込んでいたのであった。
スライド2

ここは公道ドッグラン。
両脇に見える鉄線には微弱な電流が流れていて、行けないようになっている。
公道の先はドン詰まりなので、やはり行けないようになっている・・・はずだった。
スライド3

この日、判明したこと。
確かに、人間は鉄線の向うにはいけない。
しかし、ブヒたちは、容易に鉄線を潜り抜ける。
スライド4

「飼い主の顔が見たい」(夏彦のブログ)と言われたが、恥ずかしいので後ろ姿だけ。

この時、ボスと夏彦とうちゃんに呼び戻され、秋彦くんは、無事に悪の道に染まらずに帰ってきたのであった。

そして、そのまま悪への道を突っ走る2ブヒ。
スライド5

スライド6

必死に呼び戻す飼い主であったが・・・
スライド7

近づいてきた2ブヒ・・・
スライド8

どろどろ~
「帰ってくるな~」
「こっちに来るな~」
「お前はうちの子じゃない」
スライド9

なんと言われようと、まったくメゲない2ブヒ
スライド10

カプカプがそんなに嬉しいか?
スライド11

ガウガウがそんなに楽しいか?
スライド12

もう勝手にしてくれ。
すっかり育児放棄、しつけ放棄した飼い主たちだった。

このままムースキャビンに戻ってからも、この2ブヒは
かぷかぷ、うひょうひょ
ガウガウ、うひょうひょ
続けて、止まらない。

それにしても大吉家は「ジャーキー」以外の呼び戻しを考えた方がいいのではないかと思う、おかやんであった。



総裁!

会議はあきらめて、ぼくたちは公道ドッグランに出た。
すると・・・
スライド1

スライド2

スライド3

スライド4


スライド5

こうしてみると、ぼくは顔つきと言い、体型と言い、まだまだおこちゃまでゴンス。

スライド6

スライド7

スライド8

スライド9

スライド10

スライド11

ほとんどストーカー
スライド12

あげくに・・・
スライド13

なんだか勘違いのきゃらなのであった。

支部長会議が・・・

関連記事で、もうみなさんはご存知だと思うけど、

フレンチブルドッグ夏彦のブログ
大吉の日々

ぼくたちは、5月25日、ムースキャビンを訪れた。
目的は初めての北海道幹部会議。
議題は「秋に宮城支部長ぶーたんを迎えるにあたって」

総裁とは、JFKのサイン会以来。
スライド1

ちゃんとごあいさつ、しなきゃでゴンス。
ほら、大吉くんも。
スライド2

ご家族へのあいさつも大事。
やあ、秋彦くん、かわいいな。
スライド3

だ、大吉くん・・・
いや、ワンコのあいさつだから、いいけどぉ。
スライド4


いよいよ、総裁の会議開催宣言。
スライド5

おかやん、写真がブレてるでゴンス。
スライド6

ウッドデッキでやるよ。
スライド7

副支部長の興味は別なところにあった。
スライド8

スライド9

スライド10


一体、こんなことで会議開催にこぎつけるのであろうか。

定春くん、空の旅へ

定春くんの記事は、多分、これで最後になります。
今日、定春くんは、里親さんと一緒に旅立っていきました。

本当は、里親さんと抱き合っている写真とか撮りたかったのですが、
興奮させてはいけないと、こんな写真ですみません。

スライド1

スライド2


今日は、おとやんも一緒に行きました。
「写真より、ずっとかわいいじゃないか」
すみませんね、写真が下手なんです。

最初に定春くんを保護した方から、おやつの差し入れがありました。
海ママさんは、そのまま首輪をくれました。
私が「お洋服をあげたいと言う人がいるので、サイズ測っていいですか?」
と聞くと、病院のスタッフさんから、ほぉ~っと、ため息のような声が。

病院の先生いわく、
「こんなことは初めてだよ。
私は運命論者じゃないけど、この子はとにかく運がいいとしか言いようがない。
すごかった」

大きなバリケンに入れた定春くんを、おとやんと、里親さんの彼氏さんとで車で運び、
空港へ。
おとやんも連れてきて良かった。

先ほど、無事に羽田に着いたという連絡が里親さんから来ました。
今日が定春くんのセカンドバースデイ。
新しい旅立ちだよ。
幸せにね、定春くん。
定春くんの強運を、里親さん御一家にも分けてあげるんだよ。

毒きのこ本舗製作

そろそろ暖かい日もあるので、ぼくたちも衣替え・・・と思っているところに、
新しいTシャツが。
スライド1

さっそうと、モデルばりに歩きたいんだけど、今日のぼくたちときたら・・・
スライド2

スライド3

フレブルって、ボーダーが似合うと思う。
このTシャツ、
スライド4

作成者は、
アディダス・・・ではなく 大吉ダス

オーダーメイドなので、2ブヒにぴったり。
この2ブヒ、着丈はほとんど変わらないのに、首周り・胴周りは2周り違う。

多分、このきのこマークは、
スライド5

これに由来していると思われる。
この毒きのこ、時々、毒ガスも吐くそうな。

大吉ママさん、ありがとう~
ところで、きのこの横の数字はなんですかぁ?

しかし、この2ブヒはなんだ!?
こんな汚いフレブル、見たことないぞ。
その真相解明は、次次号に続くのだった。
(次号ではありません)

平日休みの過ごし方

すっかり、うちの子たちから遠ざかってしまったので・・・
5月21日、おかやんは、平日休みだった。
そこで、ぼくたちは、ジャンケンをした。
勝ったのはぼく。
スライド1

ジャンケンって、チョキを出すと、勝つ確率が高いの、知ってましゅか?

一緒に遊んでくれるのは、
スライド2

スライド3

女の子チームでしゅね。
ぼく、照れちゃうでしゅ。
スライド4

みんな、広いところに行ったら、ノーリード。
ぼくだけ、信用ないから超ロングリード。
ゆずちゃんも、ちゃんと呼び戻しを・・・あれ?
スライド5

ゆずちゃん、どこへ・・・えっ、ぼくのとこでしゅか?
スライド6

スライド7

スライド8

くるみちゃんを応援する、くるみママ。
スライド9

「ゆず、押してばかりじゃダメ」
アドバイスするうっちぃ(ゆずママ)。
「たまには引いて。ほら、プレゼントしてみるとか」
うっちぃママ、その手で杏パパをゲットしたでしゅか?
スライド10

とうとうフリスビーを離したくるみちゃん。
スライド12


きゃらくん、女の子って、どう思いましゅ?
スライド13

そんなこと、ぼくに聞かないでほしいでゴンス。
でもぼくも、ゆずちゃんと遊びたかったでゴンス。

今度は、チョキを出すといいでしゅよ、きゃらくん。

平日休みのある子は連絡、ちょうだい!
バナー1



続。続報

フレブルくんの里親さんから、公開許可が得られたので、続・続報です。
お名前は、定春くん!
永遠に続くおだやかでうららな春って感じで、ステキ。
定春くんは、なんと、来週初めに東京に行きます。
江戸川河川敷がお散歩コースになるのです。

私は里親さんとは、メールでやり取りしかしていませんが、それだけでも、やさしくて、大きな心をもった方だと感じました。
定春くんは、里親さんと会ったら、うれしくて、うれしくて、抱きついていったそうです。
それを見た、里親さんは「絶対にこの子を飼いたい」と思ったとか。
二度目に行ったら、もう定春くんはうれしくて・・・なんと、嬉ションを・・・
きっと二人は赤い糸で結ばれていたんですね。

東京に行く前には、もう一度、定春くんに会いたいと思っています。
あの不安気で震えていた子ではない子がそこにいるような気がするので。

その後の経過

保護されたフレブルくんの、その後の経過です。
(といっても、直接、行ってはいないのですが)
まず、爪は切っていただいたようです。
お散歩も、病院で毎日、行ってくれているとのこと。
海ママさんが、海くんの使っていた首輪を貸してくれて、
ターコイズのおしゃれな首輪だとかで、フレブルくん、気にいったようで、
誇らしげに歩いているとか。
最初は、お散歩慣れしていなくて、恐がって歩かないとも聞いていたので、
これを聞いて、私も安心しました。

コメント返しでも書いたように、
関係者一同、既に、飼い主探しはあきらめ、里親さん探しに入ってきています。
で、こちらもメドが立ちつつあります。
まだ本決まりではないので、詳細決まって、新しい飼い主さんの了承を得られたら、
お知らせします。

たくさんの方に心配していただき、コメントやらメールやらいただきました。
拾われた方も、みなさんの温かいコメントに感謝していました。
まだ終わりではありませんが、とりあえず報告と感謝をいたします。

迷子のフレブル?

昨日、このブログに、以下のようなコメントが入りました。

昨日の夕方、フレンチブルドッグの子を保護しました。保護した場所は、札幌双子山の藻岩山麓通で、17:45頃です。色はベージュで首輪はしていません。土地勘がないため、散歩途中の方に近所の動物病院を聞いて、そこに運びました。南8条西23丁目の「おおい動物病院」という病院です。男の子か女の子か分からないのですが(私も相当パニックでした)、獣医さんが去勢済みだと言っていました。
こちらを訪れるのも初めてで、いきなり用件を書いてしまってすみません。でも、車どおりの多い道路でとても怖がって、私にすがりついてきた子をなんとか飼い主さんの元に帰したくて。。
よくある迷い犬のチェーンメールとかではありません。私が保護して私が動物病院に連れて行きました。
心当たりの方は「おおい動物病院」まで連絡してください。


今朝、病院に行って、写真を撮ってきました。
きゃらと同じような、色合いの濃いクリーム。
去勢ずみの男の子。
体重17キロ!
びっくりするような大きな子です。
太ってはいなくて、筋肉もあまりついていません。
体長が長く、「もしかしたらミックスかもしれません」と病院で言ってました。
目だった皮膚アレルギーはありませんが、涙やけがあり、何より爪が伸びていました。
皮膚はしっとり系。でも臭いは、特に強くなくて不潔という感じはしませんでした。
ただ発見された時は泥だらけだったとも聞きます。
かなり特徴的な子で、一度、見たら、フレブル飼いの人なら忘れられないと思います。

性格は人懐っこく、甘えっ子という印象です。
写真撮影のために台に載せると、恐くてブルブル。
でも反抗したり、怒ったりすることはなく、ただブルブル。
で、降ろすと、「なでて~」と甘えまくります。
若いのではないかと、病院の方は言ってました。
私も動作からそんな感じを受けます。

全くの想像なんですが、1年ほど前に大谷地にペットショップで、似た子を見たような気がするのですが。
既に8ヶ月ぐらいになっていて、かなり大きく、「血統書、ありません」と書いていたので、なんだろうと疑問に思ったので印象深いんですが。
確認しに行きたいけど、行く暇がない・・・

どんな子も、幸せな家庭で愛される権利があると思うのに。
一体、この子はどうしてしまったんでしょう。
何か動きがあったら、連絡をもらえるように、病院には頼んできました。
飼い主さんが来てくれるといいんだけど。
だめでも、だれか良い里親さんが見つかるといいんだけど。

うっちぃさんとゆずちゃんみたいに。

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4


こちらの掲示板にものせました。
バナー1


ブヒブヒBBQ

大顔連支部長会議と時を同じくして、ブヒBBQパーティが行われた。
主催者はくるみみるくのママさん。
スライド1

「コストコ、安いよ~」
という情報だけ与えて、何もしなかった、おかやん。
コストコ会員のリコままと、コストコ初体験のくるみみるくのママさんで買出し。
「やっぱり安かった~」
スライド2

「でしょっ。1日遊べるテーマパークみたいだよね」って、何もしなかったおかやん。
スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

スライド7

スライド8

ブヒたちのことなど忘れて、食べるのに夢中なパパママたち。
さあ、おとやんの得意料理(?)、鶏の丸焼きだよ~
スライド9

ダッチオーブンってすごい。
首に巻いたタオルがステキなめいママ1号さん。
アウトドアを語らせたら、彼女の右に出るものはない。
スライド10

この日の気温、8度。桜も見納めだね。
寒くなる前に、帰るか。
スライド11

あれ、大吉くんとゾフィは?
2ブヒは疾走して駐車場に向かったため、映像はございません。
あしからず。
スライド12

かと思えば、こんなやつもいる。
楽でゴンス
スライド13

ブヒ飼いさんたちは、みんな仲良し。
来月もやろうね。
ずっとみんな仲良しでいようね。

お友だちが欲しい子、お友だちが増やしたい子はクリック!
バナー1

支部長・副支部長会議

2008年5月11日(日)
滝野すずらん公園にて、北海道大顔連支部長・副支部長会議が行われたのでゴンス。
メンバーは支部長のきゃらと、このお方。
スライド1

わざわざ遠方から来ていただいたでゴンス。
すまんです。
予算がないので、交通費も出せなくて。
スライド2

議題は、「宮城支部長ぶーたんの来道を迎えて」
ぶーたん支部長が10月10~15日来道することが決定したのでゴンス。
北海道支部としては熱烈歓迎せねば。
そのための第1回会議がもたれたのでゴンス。
スライド3

ちょっときゃらくんにだけ任せるのは不安なので、参謀のぼくが。
スライド4

今後の見通しも決まったので、友好を深めるため、みんなで滝を見に行くことに。
スライド5

いい川があるでゴンス。
大吉くん、泳ぎは?
スライド6

いや、あったかくなってからで・・・
スライド7

南富良野の水よりあったかいだす。
わたくす、泳いだこと、ないだすけどね。
スライド8

スライド9

びしょぬれになっただす。
奥様が心配するから止めただす。
スライド10

スライド11

いっぱい歩いたら、眠くなったでゴンス。
スライド12


最近、なかなか男の子ブヒと仲良く出来ないゾフィですが、大吉くんにはフレンドリー。
すごくじゃれあいます。
女の子にはジェントルマンなので、なかなかじゃれあえないし。
大吉くんは、貴重なお友だちです。

仲いいの?悪いの?

前回は白いゾフィがお届けしたので、
今日は黒いゾフィです。
スライド1

最近、とみにうるさい2ブヒ。
スライド2

おかやんは、静かな生活がしたい・・・
スライド3

耳がそりかえっても気づかない。
スライド4

力の差はさしてないものの、しつこさでゾフィの勝ち。
スライド5

逃げ出すのは、きゃらの方。
スライド6

それでもしつこいので、落ち着かせるために、ここに。
スライド7

実は初めて、ブタのおもちゃを手に入れたんでゴンス。
でも、このおもちゃ、既に黒いゾフィの餌食となって、上半身しかないでゴンス。
スライド8


「いいかげんにしないと、明日、連れてかないよ!」
明日って、何があるでしゅか?
それは明日のお楽しみ。

明日は晴れるように、一緒に祈願してクリックお願いしま~す。
バナー1



遊び疲れ

遊んでくると、疲れましゅよね。
起こさないでほしいんでしゅ。
スライド1

睡眠不足はお肌にも悪いと思いましゅ。
スライド2

なんでも、おかやんは、6月はお休みがないんだそうでしゅ。
ぼくたちは、どうなってしまうんでしょう。
スライド3

まあ、先のことはどうでもいいんでしゅけど。
今週は、またイベントがあるらしいでしゅし。
スライド4

こんなに疲れてても、お散歩に連れ出されるんでしゅ。
もう、いいっちゅうねん。
帰ってくると、やっぱりこんなんでしゅけどね。
スライド5

もちろん、きゃらくんだって同じでしゅ。
スライド6


今日は白いゾフィくんで、お届けしました。

GWの遊び疲れの子、クリックしてね。
バナー1

思い出のぶーたん

帰宅したぼくたちは、爆睡だったんだけど・・・
スライド1

すやすや寝ている場合ではない?
スライド2

あ、そうだった!
ぶーたん家の一人娘ちゃんが、ぼくたちにステキなプレゼントをしてくれたのを紹介し忘れてるよ。
スライド3

似てる?
似てるでしょ。
ぼくたちの似顔絵を描いてくれたんでゴンス。

ぼくたちにもおみやげを、こ~んなにいっぱい。
(食べ物もあったけど、写真撮るより食べちゃったらしいでゴンス)
スライド4

ぶーたんママさん、ありがとうでしゅ。
ぼく、すっごく気にいったでしゅ。
スライド5

特に、このロープが気に入ったんだけど。
このジョーズは、元日ハムの新庄選手にかけているのか、
それともきゃらがジョーズに食われている過去写真を知ってのことか・・・
どちらにしても、ママさんのセンス、ナイスなのだ~
スライド6

おとやんが、
「最初っから、ぶーたんって名前なんですか?」
とか、変なことを聞いて、すまんでゴンス。
「赤ちゃんの時は、どんな顔だったんですか?」
とか、ほんと、重ね重ね、すまんでゴンス。

大顔連第1回支部長会議(宮城支部長に会う)

さて、いよいよ本命でゴンス。

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

スライド7

スライド8

スライド9

スライド10

スライド11

スライド12

スライド13

スライド14

スライド15

スライド16

スライド17


支部長会議の模様は「ぶーたん定食」にも出ているでゴンス。
本日の文責はおとやんでゴンス。

これでようやく福島編も終わり。楽しそうだったなと思う人はクリックお願いしま~す
バナー1

ブヒ、遊覧船に乗る

さていよいよ今日はまたフェリーに乗って帰るでゴンス。
4月28日(月)、福島を後にして、ぼくたちは宮城県松島へ。
プレゼンテーション1

松島と来たら、遊覧船に乗らねば。
大きな遊覧船は、ここでは乗れないとのことで、(桧原湖はOK)
貸し切りの小型船になった。
スライド2

船に乗る時には、静かにしていなければいけないでしゅ。
スライド3

ぼくはどこにいても、抱っこしてもらえていれば、幸せでしゅ。
スライド4

あ、また睡魔が・・・
スライド5


一方、きゃらは、
スライド6

スライド7

スライド8

スライド9

どこでも、いつでも、自分を見失わないヤツなのであった。
またまた筋肉痛がひどくなった、おとやんだのだった。

さて、遊覧船を降りたらお昼。
スライド10

お勧めは「石田屋」
ワンコ連れで行くと、個室に案内してくれる。
スライド11

畳のお座敷で、意外といいこの二匹なのであった。

さあ、この旅の本番は、これからなのである。
いよいよ明日、期待するのだ~

さあ、引っ張ったけど、いよいよ明日は、本命なのだ~。楽しみだなって人は期待をこめてクリックお願いしま~す
バナー1

ブヒ、ゴンドラに乗る

カヌーに乗った後は、ここに連れてこられたでゴンス。
今度はなに?
まだ午前11時だけど・・・
スライド1

これに乗るの?
スライド2

ほお、空中遊泳。
スライド3

乗り物は、なんでも好きでゴンス。
スライド4

ああっ! ネズミが!
「ゾフィ、それはスキーヤーなの」
スライド5

あ、もう終点?
スライド6

ゴンドラを降りると、そこは雪国だった。
スライド7

なんともシュールな光景ではありませんか。
スライド8

もうしばらく出来ないと思ってた雪泳ぎが出来る!
きゃらは喜び、庭かけめぐる~♪
スライド9

雪は友だちだぜいっ!
スライド10

みんな、あっちに行くよ、ぼくも行く!
スライド11

はしゃぎすき。
疲れちゃった・・・
「きゃら、ゴンドラ降りたら、歩いてくれよ」
スライド12


このゴンドラは『グランデコ』
「犬、二匹」と言うと、ペット用チケットを売ってくれます。
ちゃんとペット用があるんですね。

お次はまたまた水遊び! 楽しみだなって人は期待をこめてクリックお願いしま~す
バナー1

ブヒ、カヌーに乗る

4月27日9:30.
ぼくたちは、桧原湖(ひばらこ)に向かった。
「ゾフィ、今度はなんだろうね」
「うちのおとやん、おかやんの考えることは、過激でしゅからね」
スライド1

あれ、どうしてライフジャケット、着せられたでゴンス?
ぼく、泳げるでゴンス。
スライド2

ぼくもライジェケ?
スライド3

このお兄さん、だれ?
スライド4


と、なんだかんだ言っているうちに、カヌーの乗せられたお二人さん。
スライド5

予定では、おとやんが後ろに乗って、舵取り=メインで漕ぐ人
のはずであった。
ところが・・・
スライド6

おとやん、きゃらが飛び降りないように押さえるだけで精一杯。
全く漕げず。
おかげで予定された周遊コースの半分しか行けず。
スライド7

しかし無事、帰着。
スライド8

どの写真も、全て、きゃら、カメラ目線。
一説によれば、ガイドのお兄さん(カメラマン)の船に移りたかったのでは。
ずっとガイド兄ちゃんの方を見ていました。

桧原湖カヌー体験コース1時間
「バックス」

こちらにも、きゃら&ゾフィのカヌー体験が出ています。

「夏彦総裁、ぼく、落ちませんでしたよ!」
って、おとやんが押さえていたからだって。
(翌日、おとやんが、ひどい筋肉痛だったことは言うまでもない)

ちなみにゾフィは、終始、おとなしく、おかやんに抱っこされ、
時折、オールから水が落ちると「寒いよ~」と、ますます
おかやんにしがみつくのであった。

水遊びの次は雪泳ぎだよ! 楽しみだなって人は期待をこめてクリックお願いしま~す
バナー1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。