スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よだれまん

大顔の宿命らしい。

スライド1

よだれが、滝のように流れる。
  ちょっとやそっと、拭いても拭いても。
粘着性は少なく、だらだらと滴り落ち、水たまりが出来る。

スライド2

いくら拭いてもキリがないし、顔がびしょぬれになるので、タオルを。

スライド3

他の大顔連のみなさまも、同じようにしていたので、真似してみたけど、
  なんか、なさけない気分でゴンス。
スポンサーサイト

森のくまさん

今日は、折り入って、おとやんに話があるでしゅ。
スライド1


おとやん、飲んでないで、ぼくの話を聞くでしゅ。

スライド2

最近、北海道はクマが出てて、我が家にも近づいてきてるでしゅ。
もし、おとやんと、おかやんが留守の時に、クマが来たら、ぼくたち、どうしたらいいでしゅか?

スライド3

昨日、行ったキャンプ場にも、こんな看板が!?

スライド4

クマさんは、森にいる方がいいでしゅ。

スライド5

ね、きゃらくんも、そう思うでしょ。

スライド6

クマさんと、ジュース?

スライド7

今日、おかやんは、若い女性たちに、こんな質問をしてたでゴンス。

「もし、車に乗ってて、クマに遭遇したら、どうしますか?」

答1:死んだふりをする。
答2:Uターンして逃げる。
答3:轢く(ひく)

車の中で死んだフリして、どうするでゴンス?
Uターンしている余裕、あるでゴンス?
轢くって・・・轢くって・・・最近の若い女性の考えることは・・・

ちなみに、おとやんの答。
「静かに、じっとしてればいいじゃないか。無駄な殺生しなくても」

おかやんの答。
「隙をうかがって、素早く、横を通りぬける」

この質問、性格が出るようでゴンス。


ところで、「森のくまさん」は、フーバー丼。からのプレゼントで、
既に、我が家からは消えているでゴンス。

・・・ぼくたちには、一口もあたらなかったのでゴンス。

命の洗濯

東京銀座で「夏彦展」が。
   おとやん、おかやんで、1泊2日、東京の旅。
東京は桜満開。

スライド1

そして節電、節電。
   自販機は止まってるし、エスカレータは止まってるし。
暗いし、寒いし、暑いし。

スライド2

夏彦展。
  お出迎えしてくれたのは・・・

スライド3

そしてファミリー

スライド4

だれも来てくれなかったら、どうしよう・・・と心配していたボスだが、このとおり。

スライド5

おかやんは、懐かしい人たちとか、
  きゃら&ゾフィのファンの人とか、
    大顔連メンバーとかに会えて、テンション、上がりっぱなし。

スライド6

みんなで食事に行ったけど、
  きゃらくんを思い出して、分離不安になる、おとやん。

スライド7

それでも、翌日は気を取り直して、科学博物館へ。

スライド8

スライド12

カニに見入る、おとやん。

スライド9

そしてそのまま、大江戸温泉へ。
   夜じゃ、ありません。

スライド10

ああ、桜の季節って、風情がある。

スライド11

初体験の、Dr.フィッシュ。
  足を入れると、魚が足の角質を食べてくれるというもの。

スライド13

くすぐったくて、大変。

スライド14

きゃら&ゾフィは、いいこでインディアンでお泊り。
   インディアンはホテル業務を止めるとか。
2ブヒが大好きな、北広島のインディアンだったけど、これが最後になるね。

「きゃらくん、ずっと耳をぺったんこにして、走ってましたよ」
  ええ~、想像出来ないんですけど・・・

永遠の・・・

3連休。
  南富良野へと向かう。
目的は「オムカレー」・・・

スライド1

・・・なわけはなく、
アンジーさんのお墓参り。
   せめてお花をたむけたいと思いつつ、今日になってしまった。

スライド2

イブちゃん、ポーラーさん、そして総裁。
   ファミリーは健在。

スライド3

一番、アンジーさんに似ているナタリーさんもね。

スライド4

イブちゃん、おとやんに抱っこされると、いいことがあるんだよ。

スライド5

ムースキャビンでは、もう暖炉に火がくべられていた。
   みんなまったり。
  イブちゃん、総裁の顔にお尻がくっついてるけど・・・

スライド6

外は枯れ葉が舞い散っている。
  総裁とボスが、ふと外に目をやる。
癒えることのない哀しみって、あるよね。
   どうにもならない、ただ悲しいだけが、ころがっていることって、あるよね。

スライド7

ぼくたちも忘れない。
  南富良野に、とても素敵な夫婦ブヒがいたことを。
きっと、これからの夏彦ファミリーを、大顔連を、見守ってくれているよね。

スライド8

がんばろうね、みんな

夏彦総裁は相変わらず、すごい。

この暑さも吹き飛ばして、お仕事中。
      これなんか表紙でゴンス。

スライド1

中身はこんな感じ。
  確かに南富良野は「田舎暮らし」だし、
    どんなフレブルも憧れる生活でゴンス。

スライド2

こちらは創刊号。
  北海道限定発売かな?

スライド3

そうそう、オデは夏彦でゴンス。

スライド4

あ、ちょっと前の取材だったから・・・

スライド5

またうるうるしてきちゃったでゴンス。

スライド6

アンジーさんの分まで、たくましく明るく元気に生きていこうって、
  みんなでがんばってるんだよね。

フーバー丼。
源太くん
櫻ちゃん

ぼくもがんばらなきゃ。

こんなんでどう?

スライド7

スライド8

作りたい人はこちらから
松原さんのナイスショット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。