スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春になれば・・・小樽

札幌もようやく10度を越える日が増えてきた。
  春の訪れとくれば、小樽である。
カートに乗れるから。

スライド1

なんか変わった食べ物があるね。
   おいしいのかな?

スライド2

「おなか、すいた」と、おかやん。
   小樽の問題は、ワンコと入れるお店が少ないこと。

スライド3

お店の外にテーブルとイスがある。
   持ち出し、出来るかな?

スライド4

出来た!
   「お店が空いてたら、中に入ってもいいんだけどね」
と言ってもらえたけど、今日は混んでたからね。

スライド5

メロンまでサービスで出してくれた。
   ありがとう~

スライド6

そんなに待たせてないじゃん。
   すっかり飽きたらしい。

スライド7

スイーツはやっぱり ルタオ(逆に読むと オタル)

スライド8

これはオブジェ。
   小さい方が本物の大きさ。

スライド9

う~ん、絶品。

スライド10

おとやん、おかやん、ぼくたち、何ももらってないんだけど、気のせいでしゅか?

スライド11

雪もいいけど、春もいいよね。
  北海道はこれから、いい季節。
スポンサーサイト

雲の下カフェ

遂に着いた頂上だけど・・・

スライド1

ま、しょうがないね。
  気温13度。寒いぐらいで、ダウンを着ている人もいる。
  (ノースリーの人もいるけどね)

スライド2

あれ? なんだろう。

スライド3

いつでもどこでも人だかりのぼくたち。
  みんな、景色が見えないから、ぼくたちの写真を撮ってるんだね。

スライド4

これは雲のポスト。
   ゴンドラに乗る時にもらうカードに書いて、ここに投函。
切手を張らなくても、国内、海外、どこでも届けてくれる。

スライド5

景色が見えないとなると、混むのはカフェ。
  スープとか、コーヒーとかがあるらしい。

スライド6

見えないから、みんなそれぞれ勝手に楽しんでいる。
   それなりに楽しいらしく、文句を言ってる人はだれもいなかった。

スライド7

1時間近くいたが、そろそろさすがにすることもないので、帰路へ。

スライド8

何もしてないのに、なぜ?

スライド9

降りてくると晴れてる。

スライド10

ゴンドラで降りると、そこには『雲の下カフェ」が6時からオープンしている。

スライド11

バイキング形式。
   地産のお野菜を中心にしている。

スライド12

けっこう人も多い。
  寒い人には、コートや毛布を貸してくれる。

スライド13

少しずつ取っても取りきれないよ~

スライド14

ワンコ連れの人たちもたくさんいた。

スライド15

朝、3時から起こされてるから、おなかすいたでゴンス。

スライド16

いつものハンバーグだけど。

スライド17

ちょっとお散歩してから、移動しようね。
  ああ、また被写体になってる・・・

スライド18




モナミ公園だけど・・・

夏だ!
  暑いぞ!
    よし、BBQだ!

というわけで、モナミ公園にやってきた。
   ここは水辺だから、水遊びも出来るしね。

スライド1

ところが水位が上がっているとかで、水辺に行けず。
  キャンプ客はみんな、日向にいる。

実は、マイマイ蛾の幼虫が大量発生。
   木の下にいると、毛虫が落ちてくるので、みんな木陰を避けている。

スライド2

場所の選択ミスでした。
  鼻ぺちゃさんには、厳しいよね。

スライド3

とにかく、少しでも日陰に入れなくちゃ。

スライド4

動かないので、あまり暑くないらしい。

スライド5

今回、一緒に来たのは、
    ペッパー
    ガーネット(ガーコ)
黒いと、一段と暑い。

スライド6

女子高生が寄ってきた。
   ゾフィ、ご満悦。

スライド7

おとやんも、ご満悦。
「散歩、してもいいよ」とか何とか言って、女子高生を誘い出した。

スライド8

しかし、きゃら、歩かない。
  というわけで、こんなことに。
これには女子高生もびっくりである。

スライド9

相変わらず、注目の的である。
  しかも、きゃら&ゾフィ、注目されることに慣れている。

スライド10

ま、はっきり言って、既におとやんは、ただの酔っ払いである。
  女子高生の次は、女の子ブヒ。

スライド11

さて、さっきの大八車に乗って、帰ろうか。

スライド12

荷物を載せて、その上にぼくたち。
  おとやん、しっかり引いてね。

スライド13

え、ペッパー、大丈夫?
  「ガーコは暴れるからダメ」

スライド14

・・・と思ったけど、みんな結局、車好き。
  さて、だれが先頭?

スライド15

なんと、全員、先頭。
  きゃら、箱乗りじゃん。

スライド16

ペッパーが一番、楽しそうだね。

スライド17

最後は、ほこりまみれになったから、みんなでお風呂。

スライド18

みんな、いいこ。
   暑かったけど、楽しかったね。

フラワーフェスティバル

人が集まるところに、我が家アリ。

おとやん、ぼくたちを見せびらかしたくて、仕方がないんでゴンス。

スライド1

春になったので、みんな、お花を買いに来るわけで。
   ま、ぼくたちは、マンション暮らしだから関係ないけど。

スライド2

スライド3

おとやんや、おかやんがいなくなると、かえって人が集まってくるんでゴンス。

スライド4

ビデオ撮っても、ぼくたち、動いてないでしゅけどね。

スライド5

あ、おとやんが、帰ってきた。
  お花、見てきたんでしゅか?

スライド6

なんか、ゆるキャラもたくさん。
  見ると、食べたくなっちゃうでしゅ。
ぼくたちの主食は牛肉だからね。

スライド7

わ、これはなんだ!?
   
スライド8

やれやれ、終わったでゴンス。
   ペットのお役目も楽じゃない。

スライド9

と、思ったら、帰り道、今度は外国の子どもたちに囲まれたでゴンス。

スライド10

小さな子にはやさしくするでしゅ。
   ぼくたちも、パピイの頃は、いろんな人にやさしくされたもんね。

早春の石狩浜

夏には子どもたちやら、若いカップルやらで大賑わいの石狩浜。
  早春の早朝。
だれもいない。

スライド1

きゃらが、去年のようには走らない。

スライド2

どうやら走ろうとすると、傾いてしまうらしい。
  左に顔が傾いてる。

スライド3

それでも、果敢に海にケンカを売っている。
  「なんだ」と言われてもね。

スライド4

引き波の時だけ挑戦するんだから。
(寄せてくると、逃げる)

スライド5

ゾフィは波打ち際には近づこうとしない。

スライド6

あ、まあ、そうだけど。
  ゾフィは波と遊ばないの?

スライド7

おとやんとおかやんは、石狩浜の朝市へ。

スライド8

ちょっと値段は高め。

スライド9

朝ごはんを食べることにする。

スライド10

すごぉい、豪華!

スライド11

おとやんと、おかやんが、店に入ったら、あっという間にどんどん入り、
  出る時にはもう「浜の朝ごはん」は無くなっていた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。